小田原市長選 守屋氏が接戦制す 544票差で加藤氏及ばず

政治

掲載号:2020年5月23日号

  • LINE
  • hatena
必勝だるまの目入れを行い、当選を喜ぶ守屋氏(左)
必勝だるまの目入れを行い、当選を喜ぶ守屋氏(左)

 任期満了に伴う小田原市長選挙の投開票が5月17日に行われ、新人の守屋輝彦氏(53)が、4期目を目指した現職・加藤憲一氏(56)を僅差で制した。8年ぶりに投票が行われた市長選の投票率は46・79%で、2012年の選挙を約5ポイント上回った。

 得票数は守屋氏3万7245、加藤氏3万6701で、その差は544票という接戦となった。投票者数7万4543人(有権者数15万9323人)のうち期日前投票者は2万5902人で、全体の3割超。当初予想されたコロナ禍による投票率の低下は2氏の激戦によって回避されたかたちだ。

命と暮らしを守る

 守屋氏の当選が確実となった午後11時過ぎ、栄町の同氏事務所では支援者約80人から歓喜の声が上がった。詰めかけた小澤良央県議や牧島かれん衆議院議員らからは新市政に対する期待などが語られた。

 小田原の再生には政治決断ができるリーダーが必要と訴えてきた守屋氏。コロナ禍で日々の状況が変化する中「進むべき道に何度も悩んだが、地域の医療を何とかしてほしいという声の大きさで使命を痛感した。政治は命と暮らしを守るという思いで市政に取り組みたい。その先に『世界が憧れるまち小田原』がある」と語った。

公務と選挙の狭間で

 加藤氏は当日夜、栄町の事務所で「人口を増やし、経済を活性化させることに期待した人が多かったのではないか」と敗戦要因を語った。また選挙期間中も新型コロナウイルス対応の公務を優先させたことで「政策を訴えきれなかった」と振り返った。今後については「これまで築き上げてきた市民の歩みを止めないよう、市民の立場から貢献していきたい」と述べ、守屋氏に対して「ハードだけでなくソフトの面で、市民の力、地域の力を生かしてほしい」と期待を語った。

敗戦の弁を述べる加藤氏
敗戦の弁を述べる加藤氏

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook