EVシェア 運用開始 小田原エリアで「eemo」

経済

掲載号:2020年5月30日号

  • LINE
  • hatena
eemoのロゴマーク
eemoのロゴマーク

 小田原市と(株)REXEV(東京都)、湘南電力(株)(小田原市)の連携によるEV(電気自動車)カーシェアリング事業「eemo(イーモ)」が6月1日(月)から本格運用される。エネルギーマネジメントと連動した「脱炭素型地域交通モデル構築事業」として環境省に採択された全国初の取り組み。

 スマートフォンにアプリをインストールして利用する。料金は15分あたり220円から。

 当初計画では小田原・箱根エリアで50台の運用を見込んでいたが、新型コロナに伴う社会情勢を踏まえ、小田原駅周辺の9ステーションで20台からスタートする。6月の1カ月は「コロナ禍でも外出せざるを得ない方を応援!」として会員登録者に無償提供する。

 詳細は専用サイトhttps://www.eemo-share.jpまたはカスタマーセンター【電話】0120・659・750へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

今夏の遊泳は控えて

県西地区海水浴場

今夏の遊泳は控えて 文化

チラシ等掲示で呼びかけ

7月11日号

活用でまちを元気に

チンチン電車保存会

活用でまちを元気に 社会

守屋市長に協力打診

7月11日号

「総構」で疫病防げ

「総構」で疫病防げ 文化

小田原城が感染防止対策

7月11日号

期間短縮で開場

御幸の浜プール

期間短縮で開場 スポーツ

8月1日から23日まで

7月11日号

市民委員を募集

男女共同参画

市民委員を募集 社会

7月11日号

50周年会長に草山氏

50周年会長に草山氏 社会

ソロプチミスト小田原 新役員

7月11日号

原点を忘れず、志を高く

マツダを支えてくださったすべての方々に、100周年特別記念車を。

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク