小田原市水泳支援プロジェクト 水と触れあう時間を守る 授業中止受け民間名乗り

教育

掲載号:2020年6月27日号

  • LINE
  • hatena
水泳用マスクを着用し、バタ足指導(神奈中スイミング)
水泳用マスクを着用し、バタ足指導(神奈中スイミング)

 新型コロナウイルスの影響で、学校での水泳授業の中止や縮小が予定されている今夏。「子どもたちが水と触れ合う機会を作ろう」と、小田原市内のスイミングスクール3校が協力し小学生向けの水泳教室を企画した。

 「小田原市水泳支援プロジェクト」と銘打った企画は、市内の小学校に通学する1〜3年生に対し、無料で水泳指導を行うというもの。神奈中スイミングスクール小田原・スポーツプラザホウトク小田原・小田原スイミングクラブの3クラブが同日同時刻に、それぞれ水泳教室を実施する。

ライバルが協働

 感染防止の観点から、水泳授業中止の話が挙がりはじめた5月初旬。「海や川などレジャーに出かける人も多くなる夏を前に、水に慣れ、危険性を学ぶ機会がなくなってしまう。何とかしたい」と、発案者である鬼澤智拡さん(神奈中スイミング)は動機を明かす。正しい知識や術を身につけ水難事故を予防すると共に、自粛生活を強いられた子どもたちに水泳を通して身体を動かす時間を提供したいと企画した。「子どもを思う気持ちは一緒。市内全域でより多くの子どもたちが受けられるようにしなければ」と、普段はスクール生確保のため競い合うライバル校に直接出向き、合同実施を提案。これに対し「地域の子どもが少しでも泳げるようになれば」(スポーツプラザホウトク)「プールで水に入る楽しさを体験してほしい」(小田原スイミング)の2クラブが快諾した。

 「交わることのなかったクラブ同士が手をとりあった。こういう時だからこそ見えた絆だと思う」と鬼澤さん。日本スイミング協会の指針に基づき、指導者が水泳用マスクを着用するなど、感染対策も徹底した上で実施するべく、各クラブとも準備を進めている。なお市教育指導課では、6月初旬時点で市内全小学校の水泳授業中止の意向を把握しているという。

7/19・26実施

 水泳教室は7月19日(日)と26日(日)で、各日午前9時〜10時/午後1時〜2時の2回。定員は全クラブとも各回25人(一人1回のみ)。レッスン内容は「水慣れからバタ足程度」と共通している。申し込みは、7月15日(水)までに希望するクラブに電話で予約する(定員になり次第締め切り)。3クラブの申し込み先は▽神奈中スイミング【電話】0465・23・0450▽スポーツプラザホウトク【電話】0465・37・4600▽小田原スイミング【電話】0465・48・6588

スポーツプラザホウトクの谷根正晃施設長
スポーツプラザホウトクの谷根正晃施設長
小田原スイミングの仮屋原喬コーチ
小田原スイミングの仮屋原喬コーチ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自然と調和、新観光名所へ

湯河原町万葉公園

自然と調和、新観光名所へ 経済

リニューアルオープン

5月8日号

新たな学力調査導入

小田原市

新たな学力調査導入 教育

個人の「のび」、意欲に着目

5月8日号

「スーパーシティ」に名乗り

小田原市

「スーパーシティ」に名乗り 社会

国の公募、特区指定目指す

5月1日号

根府川関所址を後世に

根府川関所址を後世に 文化

地元有志が石碑を建立

5月1日号

ちょうちんの灯り再び

市観光協会

ちょうちんの灯り再び 文化

小田原城で新イベント

4月24日号

初のデジタル観光券販売へ

小田原市

初のデジタル観光券販売へ 経済

総額1億3000万円

4月24日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter