箱根町長選 大接戦、勝俣氏制す 195票差 投票率大幅増

政治

掲載号:2020年10月31日号

  • LINE
  • hatena
当選を喜ぶ勝俣氏
当選を喜ぶ勝俣氏

 10月25日に投開票された箱根町長選挙は、前副町長の勝俣浩行氏(66)が飲食店経営の田村洋一氏(55)を195票差の僅差で破り、初当選を果たした。56年続いてきた副町長(助役)が町長に就く流れは継承された。

 選挙選ではともに経済や新型コロナ対策、人口増などを掲げ、行政経験と民間感覚をそれぞれ前面に打ち出し争われた。20年ぶりの新人同士の戦いもあり、投票率は前回を28・75ポイント上回る63・46%ととなった。

 午後10時45分頃、当選確実の一報が勝俣陣営に伝わると、事務所内は歓喜に沸いた。勝俣氏は「選挙戦は五里霧中で大変厳しかった。コロナの対策をしっかりやり、町民の生活を第一に守っていきたい」と語った。

 勝俣氏は子育て支援のほか医療や福祉、防災対策などの取り組みに意欲を示し「観光面では道路や景観、公衆衛生を整えていきたい。選挙戦で訴えてきたブランドアップ大作戦もさっそく取り組みたい」と話した。

 敗れた田村氏は支援者を前に「皆さんの期待に応えることができなかった」と頭を下げた。民間感覚を行政に反映させようと訴えたが及ばなかった。今後について記者からの質問に「4年後を目指す」と明言した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

初制覇へ「アツマーレ」

ベルマーレフットサル

初制覇へ「アツマーレ」 スポーツ

22日に開幕イベント

5月21日号

地域の「宝物」動画に

小田原箱根商議所

地域の「宝物」動画に 文化

ラグビーW杯、オリパラ契機

5月21日号

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook