箱根駅伝 力を出し切った大舞台 小田原市出身の辻海里さん

スポーツ

掲載号:2021年1月30日号

  • LINE
  • hatena
9区を走った辻さん
9区を走った辻さん

 今年の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で9区を走った専修大学4年の辻海里さんが最初で最後の大舞台を振り返った。

 辻さんは小田原市酒匂出身。小学生の頃から家族と沿道で箱根駅伝を応援してきた。「選手を見て、かっこいいと思っていました」と、当時は憧れだったという。中学で陸上競技部に入り、長距離ランナーとして実力をつけた。相洋高校2年の時、市町村対抗かながわ駅伝競走大会に小田原市代表に選ばれ、以降5回出場してきた。

箱根駅伝の舞台に

 大学に入り「箱根駅伝の予選会での先輩の走る姿を見て、意識するようになった」と出場を目標に。練習は早朝と夕方、1日約25Kmの走り込みなどを4年間継続。大会で自分の力を100%発揮するには「自分に負けないこと」と考え、甘えに負けず苦しい練習を確実にこなしてきた。地道な積み重ねが必ず結果につながることを信じて。

 チームは、昨年行われた箱根駅伝の予選会を10位で突破し、7年ぶりに本選出場を果たした。12月29日、期待と緊張が入り混じるエントリー発表の時、監督から9区を託され「嬉しかったと同時に、万全の体勢で大会に臨まなくてはいけないと自分に言い聞かせた」と、夢の舞台への出場を手にした瞬間から気を引き締めた。

 大会当日、アップの最中も緊張はなく、いつもと変わらない心境だったというが、チームメートからたすきを受け取った瞬間、箱根駅伝の実感が湧いたという。戸塚中継所から鶴見中継所の9区は23・1Kmと比較的距離の長い区間。「スタートから権太坂付近までペースをつかめず、上手く走れなかった。その後は自分の走りができた」。悔いは残りながらも、念願の大舞台に出場した満足感は大きい。チームは目標としていた総合15位以内には入れなかったが「この経験を来年に生かしてほしい」と、果たせなかった目標を後輩に託した。

 春から社会人として歩むことが決まっている。選手としては一旦区切りを付けるそうだが「走ることは得意なので続けていく」と前を向く。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter