持続可能な森林整備を 自伐型林業伝える映画上映

社会

掲載号:2021年2月13日号

  • LINE
  • hatena
映画上映会の様子(写真提供・杉山大輔さん)
映画上映会の様子(写真提供・杉山大輔さん)

 持続可能な森林整備を目指す「自伐型林業」の普及・啓発に向け製作されたドキュメンタリー映画『壊れゆく森から、持続する森へ』の上映会が1月31日、ブレンドパーク(小田原市国府津)で開催された。トークイベントも行われ、同映画のプロデューサー・内田聖子さん、林業家の飯田康司さん、自伐型林業推進協会事務局長の上垣喜寛さんが登壇。来場者約20人、オンラインでの同時配信を視聴した参加者約80人が聞き入った。

 同映画は、主催のNPO法人アジア太平洋資料センターが、同協会との協力で製作し、昨年12月に完成。作中では、適正な規模の森林を繰り返し間伐することで、環境に配慮した持続可能な林業経営を目指す「自伐型林業」の実態を紹介している。

 同協会によると、国内の多くの森では長年にわたり、対象区画のすべての樹木を伐採する「皆伐」が続いていることで、自然災害時に土砂崩れを誘発するケースもあるという。こうした従来の林業に対し、根本的な転換を試みるのが自伐型林業で、小田原市在住の上垣さんは「近年関心が高まっており、わずかだった自伐型林業への参入者数が、ここ5年ほどで約2300人に増加。新規参入を支援する自治体も増えつつある。小田原などの足柄平野には山林が多く、杉などの樹木に適した土壌、環境が整っている。林業においてポテンシャルが高い地域」と話す。

 参加者からは「新しい形の林業で、興味深かった」などの声が聞かれたという。同協会は「今後も全国的に啓発活動を続けていきたい」としている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

まちかどにおひなさま

まちかどにおひなさま 文化

ピアノカフェ伊勢治に展示

2月27日号

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー

【Web限定記事】企画展

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー 文化

箱根ガラスの森美術館で4月18日まで

2月27日号

一般会計は87億円

湯河原町新年度予算案

一般会計は87億円 政治

前年度比で12億円減

2月27日号

バットマンを日本初 舞台化

バットマンを日本初 舞台化 文化

NINJA館で番組収録

2月27日号

子育てとSDGsを学ぶ

真鶴町道草書店

子育てとSDGsを学ぶ 社会

地域の母親らと企画

2月27日号

アロマを体験

アロマを体験 文化

たかすけ自動車で

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク