持続可能な森林整備を 自伐型林業伝える映画上映

社会

掲載号:2021年2月13日号

  • LINE
  • hatena
映画上映会の様子(写真提供・杉山大輔さん)
映画上映会の様子(写真提供・杉山大輔さん)

 持続可能な森林整備を目指す「自伐型林業」の普及・啓発に向け製作されたドキュメンタリー映画『壊れゆく森から、持続する森へ』の上映会が1月31日、ブレンドパーク(小田原市国府津)で開催された。トークイベントも行われ、同映画のプロデューサー・内田聖子さん、林業家の飯田康司さん、自伐型林業推進協会事務局長の上垣喜寛さんが登壇。来場者約20人、オンラインでの同時配信を視聴した参加者約80人が聞き入った。

 同映画は、主催のNPO法人アジア太平洋資料センターが、同協会との協力で製作し、昨年12月に完成。作中では、適正な規模の森林を繰り返し間伐することで、環境に配慮した持続可能な林業経営を目指す「自伐型林業」の実態を紹介している。

 同協会によると、国内の多くの森では長年にわたり、対象区画のすべての樹木を伐採する「皆伐」が続いていることで、自然災害時に土砂崩れを誘発するケースもあるという。こうした従来の林業に対し、根本的な転換を試みるのが自伐型林業で、小田原市在住の上垣さんは「近年関心が高まっており、わずかだった自伐型林業への参入者数が、ここ5年ほどで約2300人に増加。新規参入を支援する自治体も増えつつある。小田原などの足柄平野には山林が多く、杉などの樹木に適した土壌、環境が整っている。林業においてポテンシャルが高い地域」と話す。

 参加者からは「新しい形の林業で、興味深かった」などの声が聞かれたという。同協会は「今後も全国的に啓発活動を続けていきたい」としている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter