フードバンク ひとり親家庭でニーズ増 県西での食品支援のいま

コミュニティ社会

掲載号:2021年2月27日号

  • LINE
  • hatena
食品を配布する千葉さん
食品を配布する千葉さん

 食品ロスの削減や生活困窮者支援を目的に、企業から提供された規格外の食品などを無料で配布する「フードバンク」のニーズが、県西でも高まりつつある。NPO法人報徳食品支援センターの担当者は「コロナ禍で今後さらに、ひとり親家庭などからの需要が顕在化するのでは」とみている。

 食べられるのに捨てられてしまった食べ物「食品ロス」の課題に加え、コロナ禍が県西地域の住民の「食」にも変化をもたらし始めている。

 2市8町を対象にしたフードバンクの活動本格化からおよそ1年が経過した報徳食品支援センター(田嶋享理事長、小田原市西大友)。創設当初は、支援対象の生活困窮者として地域の高齢者などを想定していたが、本岡俊郎副理事長は「コロナ禍で状況が一変した。昨年5月ごろから、特にひとり親家庭から支援を求める連絡が増え始めた」と話す。

 また、昨年の緊急事態宣言などにより「メーカーから寄せられた、行き場のない食品が大幅に増えた」と同センター担当者。昨年4月から今年2月現在までに、食品約40トンが集まったという。

 同センターは小田原市母子寡婦福祉会や各地域の団体と連携し、定期的に無料配布会を継続しており、2月現在までに約35トンを配った。

「食」で心のつながりも

 2月23日には箱根町立湯本小学校で配布活動を実施。支援希望者10組ほどが来場し、白米、野菜、醤油、スナック菓子など1組につき約10kgの食品を受け取っていた。来場した女性は「子ども3人を1人で育てている。昨年5月からパートの仕事が減って困っていた。この活動は本当にありがたく、子どもたちも喜んでいる」と話した。

 箱根町在住で同センター理事の千葉哲也さんは「より快く受け取ってもらえるよう、配る側もひとり親家庭など、同じ境遇の人に協力してもらうこともある。コロナ禍が長く続けば、今後さらに利用者が増えるのではないか」と語った。

 本岡副理事長は「配布活動は、地域とのつながりをつくる機会でもある。生活困窮者が『社会から見捨てられていない』と感じられるよう活動を続けていきたい」と話している。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

初の囲碁日本一に

竹内怜櫂君(小田原市栢山)

初の囲碁日本一に 文化

ジュニア本因坊戦を制す

4月17日号

新課設置で民間連携強化

小田原市

新課設置で民間連携強化 経済

窓口一括で効率化図る

4月17日号

地元名産品を自販機で

小田原紙器工業

地元名産品を自販機で 経済

ドンキ小田原店に1号機

4月10日号

西湘が初の全国制覇

少年ソフトボール

西湘が初の全国制覇 スポーツ

選抜19人の総合力で快挙

4月10日号

ワクチン接種 準備進む

県西1市3町

ワクチン接種 準備進む 社会

湯河原では模擬体験も

4月3日号

「ユガラボ」が最高賞

県子ども・子育て支援大賞

「ユガラボ」が最高賞 社会

多世代交流を促進

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter