(PR)

国府津病院 認知症治療の新病棟「あやめ」が完成 訪問看護ステーション「りんどう」も開設

掲載号:2021年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 超高齢社会を迎え、認知症を抱えた患者も増加している。認知症になっても、本人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域で暮らし続けることが求められている中、特定医療法人清輝会「国府津病院」が昨年末、新たに認知症治療の新病棟「あやめ」を竣工した。新病棟では、認知症の急性期病棟としての機能を持ち、より温かで質の高い医療の提供を目指しているという。

尊厳守るケア

 同院は、1929年の設立当時から神奈川県西部における精神科の地域医療に携わり、統合失調症、うつ病などの精神疾患のほか、認知症にも対応した医療を長年行ってきた。

 認知症治療病棟とは、認知症と診断され、精神症状および行動障害が認められ、日常生活にも支障があり、自宅や施設での介護が困難な方を対象とした、専門的な治療と手厚いケアを提供するための病棟だ。

急性期、短期入院も

 同院では、BPSD(行動・心理病状・徘徊・不潔行為・介護抵抗・暴力行為・盗食等の症状)の急性期の認知症患者をはじめ、短期入院も受け入れている。同院では「認知症の治療は、本人の不安や焦燥感などを軽減させ、自信と誇りを取り戻せるように支援することが大切です。患者様一人ひとりの人権とプライバシーを尊重した質の高い医療の提供を目指します」と話す。

明るく親しみが持てる空間

 新病棟はゆとりを持った空間でプライバシーにも配慮した病室のほか、中庭のテラスでは、散歩なども楽しめるという。患者が気持ち良く入浴できるように設計した浴室も特徴だ。認知症の治療を行うと共に、自宅や介護施設に退院できるよう日常生活機能の維持訓練を行っている。

暮らしに寄り添う訪問看護

 また、昨年7月に訪問看護ステーション「りんどう」を開設。退院を間近に控えた方や退院した方、通院中の方を対象に、精神・心理的な看護や日常生活の支援、検査・治療促進のための看護を提供している。国府津病院以外の方も利用が可能。同院は「患者様はもちろん、家族にも寄り添い、より地域に開かれた病院にしていきたい」と話している。

特定医療法人清輝会 国府津病院

神奈川県小田原市田島125番地

TEL:0465472225

http://www.seikikai.or.jp/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

泌尿器科が新体制に

医療レポートシリーズ45

泌尿器科が新体制に

取材協力/県立足柄上病院

5月8日号

「シロアリ緊急事態宣言」発令中

(株)三和消毒 

「シロアリ緊急事態宣言」発令中

シロアリも蔓延防止が大切

5月8日号

矢秀庵が20周年

自家製石臼挽き蕎麦

矢秀庵が20周年

生ビールなど1杯サービス

5月8日号

ペットと一緒に入れる樹木葬が誕生

世界的庭園デザイナー石原和幸氏がプロデュース

ペットと一緒に入れる樹木葬が誕生

小田原市東町 道場院「小田原庭苑」

5月1日号

かまぼこ通りにジェラート店

かまぼこ通りにジェラート店

龍宮堂がオープン

5月1日号

光のこども遊園地

GWは小田原城イルミ!

光のこども遊園地

大人300円、小中高生100円

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter