小田原バスケ協会 70周年記念しゴール設置 上府中公園で新たに1基

スポーツ

掲載号:2021年5月15日号

  • LINE
  • hatena
新たなバスケゴールの前で贈呈式が行われた
新たなバスケゴールの前で贈呈式が行われた

 県西2市8町でバスケットボール競技の普及振興などに取り組む「小田原バスケットボール協会」が創立70周年記念事業として、市内東大友の上府中公園にバスケットゴール1基を寄贈した。

 公園内のバスケゴールは今年2月、老朽化によって撤去されており、それに代わる新たなゴール設置となった。

 5月5日にゴールが設置された現地で贈呈式が行われ、衆議院議員で同協会の牧島かれん会長から守屋輝彦小田原市長に目録が手渡された。協会や市の関係者らが出席した当日、挨拶した牧島会長は設置への感謝を伝え「競技を愛する子どもや趣味の方に向け、何ができるか検討してきた。地域の方に協会としての活動を示すことができて良かった」と語った。

 1951年創立の小田原バスケットボール協会は、同競技県協会の主導で県内に7つ設立された団体の一つ。地域での普及のほか、組織として大会の招致にも努めており、2016年にはリオデジャネイロ五輪の日本代表女子チームの国際強化試合を小田原アリーナで開催している。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook