箱根町GW観光客 「近隣からの来訪者」目立つ 宿泊施設、厳しさ変わらず

社会

掲載号:2021年5月15日号

  • LINE
  • hatena
人も車も少なめな連休後半(5月8日撮影)
人も車も少なめな連休後半(5月8日撮影)

 コロナ禍の中で迎えた2年目の5月の大型連休。箱根町は、若者の姿が目立った。来訪者の地域別では首都圏からは少なく、県内を中心に近隣地域が多くを占め、例年とは違う光景が見られた。

 箱根町観光協会(箱根DMO)の佐藤守専務理事によると連休中、町内の宿泊施設はほぼ営業し、客数は約8割の埋まりだったという。「例年中心となる都心からの観光客は減り、県内の人が多かった。特に宿泊客よりも日帰り客が目立ち5月1日から4日は湯本駅前で登り道路の渋滞が見られた」と話した。昨年5月の大型連休は、町内の宿泊施設約260軒のうち約8割が休業し、閑散とした光景が広がっていた。

人出、短期に集中

 元箱根にあるホテルは、1日から3日の宿泊数は定員の6〜7割で、それ以外の日は厳しい状況だったという。例年都心からの観光客や常連客が多くいる中、近隣地域からの観光客が多く、また、初めての宿泊者も目立ったと変化を口にした。「問い合わせは多くあったが感染拡大防止の観点から受入客数を抑えた。数日に集中しただけだったので残念」と担当者は肩を落とした。

 強羅にあるホテルは4月30日から5月4日は満室に近い状態で、予約客が少ない5日は休館にしたという。かつての『数カ月前』から『数日前』の予約傾向に変わったことから、先々の予測が立たず営業か休館の判断に悩む」と担当者は利用者の変化に苦慮する。

 大型連休中は延べ1万人前後の観光客で賑わう「箱根関所」は、コロナ前に比べて3分の1程度の人出。5月2日〜4日は、千人近い観光客があったがそれでも約半数。落合雅人所長は「イベントは全て中止。今は、コロナ収束後を見据え、企画を準備している」と話した。

 箱根湯本駅近くの飲食店は、例年の売上の半分くらいと言葉少なめだ。「週末も人は少ない。この状況でもやっていくしかない」と絞り出すように語った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

初制覇へ「アツマーレ」

ベルマーレフットサル

初制覇へ「アツマーレ」 スポーツ

22日に開幕イベント

5月21日号

地域の「宝物」動画に

小田原箱根商議所

地域の「宝物」動画に 文化

ラグビーW杯、オリパラ契機

5月21日号

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook