東京2020オリンピック 相洋卒業生が出場 松枝さん、石川さんが陸上で

スポーツ

掲載号:2021年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 東京オリンピックに、小田原市城山の相洋高校卒業生2人が出場する。陸上部出身の松枝博輝さん(28・富士通)と石川優さん(18・青山学院大)で、同校の関係者は卒業生の偉業を喜び大舞台での活躍に期待した。

 松枝さんは8月3日(火)男子5000mに出場する。南足柄市出身。順天堂大学を経て現在富士通に所属する。2017・19の日本選手権5000m優勝。出身地の南足柄市役所庁舎に懸垂幕が掲げられている。また、市内各所に出場を知らせるのぼり旗を設置し応援を呼び掛けている。

 石川さんは5日(木)4×100mリレーに出場する。今年春、青山学院大学に進学。関東インカレでは女子100mと200mの2冠を達成した。五輪出場に石川さんは「目標にしてきたのでうれしい」と声を弾ませた。「高校時代、体力面で鍛えられた。これまでに応援、支えてくれた人に良い走りを見せたい」と語った。

祝福の声続々

 相洋高校の杉崎朗校長は「相洋から同時に2人のオリンピアンが誕生し感動しています。年齢も種目も違う2人ですが、一つひとつ実績を積み重ねて得た栄光だと思います。両選手を応援しています」と出場を祝った。高校時代の松枝さんの担任だった綱島陽介教諭は「高校生の時から目標を立てて『目標を達成するために今何をするべきか』を考え実行できる人物でした」と称えた。

同窓会が横断幕

 相洋中・高等学校同窓会(田中秀明会長)は、2人の偉業を称える横断幕を作り、高校の校舎壁面に掲げた。2人の出場が決まった時、先輩の偉業を在校生に伝えようと横断幕制作を企画したという。田中会長は「とても嬉しい。若い人たちの活躍は世の中に元気を与えてくれる」と目を細めた。「生徒の頑張りとともに、指導者の能力が高いと思う。欠点を補い、良い所を伸ばす、全ての面でレベルが上がっているからこそ素晴らしい成績を残せるのだと思う」と語った。
 

横断幕と同窓会メンバー
横断幕と同窓会メンバー

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook