(一財)八三財団 「Z世代」の起業を支援 多分野で奨学生を募集

社会

掲載号:2021年7月31日号

  • LINE
  • hatena
同財団の代表理事を務める齊藤修一さん
同財団の代表理事を務める齊藤修一さん

 小田原市に本社を置くHamee株式会社のCSR事業の窓口として、Z世代(13歳から25歳)の起業支援を行う一般財団法人「八三財団」(齊藤修一代表理事)が設立された。県西2市8町の地域資源を活かすことなどを条件に、7月1日から奨学生の募集を開始し、持続可能な地域社会の実現を目指す。

 「ここできっかけに着火する」をコンセプトとした同財団の奨学金制度は、料理人やエンジニア、アーティストなど、ジャンルを問わず応募できる。奨学生は、財団に所属する経営者らとSNSなどでつながり起業相談ができる。

 齊藤さんはZ世代の若者を「意外と自分の意見を持っていて、社会問題への意識も高い。現役の経営者と接する機会があれば、革新的なことを起こせるのではないか」と世代を超えた協働に期待を込める。

 今期の募集枠は最大10人で、年間30万円を上限に給付される。5年間で20件の事業化、10件の黒字化を目指す。奨学金の詳細は同財団のHPへ。

 1期生の高橋健太さん(25)は、横浜で料理の経験を積み「小田原で商売がしたい」と地元に戻った。市内の居酒屋「平蔵」の料理長を務めながら、自分の店を持つことを目指している。独立後は地元農園から食材を仕入れ、地域でお金を回したいという。今回の奨学金を活用し、食やアートを楽しめるイベントを9月に開催予定。支援があることで「新しいやり方を試せる」と挑戦に向け意気込む。
 

1期生の高橋健太さん
1期生の高橋健太さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

民間提案制度 対象を拡大

小田原市

民間提案制度 対象を拡大 経済

柔軟な発想 まちづくりへ

9月25日号

感謝と敬意 音色に込めて

バイオリニスト式町水晶さん

感謝と敬意 音色に込めて 文化

パラ閉会式で演奏

9月25日号

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook