小田原市 ハルネの運営 新方式検討 2023年4月から導入か

経済

掲載号:2021年8月14日号

  • LINE
  • hatena
ハルネ小田原
ハルネ小田原

 小田原市は現在、市が所有する小田原地下街「ハルネ小田原」の商業機能のさらなる強化を目的に、商業区画部分を民間事業者に一括して賃貸借する「マスターリース(ML)方式」の導入を検討している。2023年4月からの導入開始を目指し、利用客の利便性向上などにもつなげたいとしている。

 小田原地下街「ハルネ小田原」の開業は2014年11月。市は開業当初から、ラスカ小田原を経営する湘南ステーションビル(株)に管理運営業務を委託しており、現行の方式では、市がハルネ小田原の各テナントと賃貸借契約を結んでいる。

 一方マスターリース方式では、商業区画部分について、市と民間事業者が一括賃貸借契約を締結。事業者側が各テナントとの賃貸借契約を結ぶほか、市にML賃料を支払うとされている。

 また、テナント誘致や退店対応については現行では市が行っているが、新方式では同事業者が担い、販促活動主体も現在のハルネ小田原テナント会から民間事業者への移行が検討されている。

 公共通路部分や街かど案内所、うめまる広場などの公共公益機能については、引き続き市が管理運営するよう検討しているという。

 導入効果については、「契約事務などの簡略化による人件費の削減」のほか、買い物客の利便性向上に向け「ラスカ小田原との連携(サービスの共通化など)」、「買い物等ポイント付与や決済手段の多様化」などが挙げられている。

 市商業振興課によると新方式の導入について、市は5月17日、湘南ステーションビルと事前合意。検討案は7月29日、市議会の建設経済常任委員会に報告されており、市は今後、詳細な導入時期や商業区画の範囲、ML賃料などについて調整を要するとしている。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

里山包む甘い香り

里山包む甘い香り 社会

松田町でロウバイまつり

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook