子どもに弁当無償提供 「餃子の王将」 地域と協力

コミュニティ社会

掲載号:2021年8月28日号

  • LINE
  • hatena
餃子の王将小田原店で弁当を受け取り、配布した鳥居会長(右)
餃子の王将小田原店で弁当を受け取り、配布した鳥居会長(右)

 全国で飲食店「餃子の王将」を展開する(株)王将フードサービスは、生活困窮家庭への支援として8月17日から9月13日まで「お子様弁当」をこども食堂などに無償提供している。こども食堂やひとり親家庭を支援する(一社)全国食支援活動協力会との連携で実現し、県西地域ではNPO法人報徳食品支援センター(小田原市西大友)が協力している。

 コロナ禍の影響による生活困窮に加え、学校給食のない夏休みは、子どもの栄養状態が悪化する可能性が高い。そこで期間中、餃子や鶏のから揚げ、ライスなどが入った弁当約3万食を全国の子ども食堂などに配布する。うち県西では1300食分を配布予定。曜日ごとに小田原市母子寡婦福祉会(鳥居幸子会長)などのメンバーが店舗に訪れ、1日約30食分の弁当を受け取り、その日のうちに配り切るという。

 報徳食品支援センターの担当者は「無償提供を受けた人たちは、皆とても喜んでくれる。地域に協力してもらえてうれしい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook