久保田天来さん全国3位 JOC夏季水泳大会

スポーツ

掲載号:2021年9月11日号

  • LINE
  • hatena
メダルと賞状を手に笑顔の久保田天来さん
メダルと賞状を手に笑顔の久保田天来さん

 第44回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会が8月22日から26日、大阪府で開催され、小田原市内3クラブの選手が上位入賞を果たした。

大舞台で自己新連発

 神奈中スイミング小田原所属の久保田天来(そら)さん(白鷗中1年)は、女子背泳ぎ50m(11〜12歳)で3位に輝いた。

 予選は、課題のスタートでやや出遅れたが得意のバサロキックで挽回し自己ベストを1・5秒以上更新してゴール。全体2位の好タイムだった。

 大会前の目標は「決勝進出」だったがメダルも狙える好位置。緊張したままスタートした決勝レース中、心に浮かんでいたのは鬼澤智拡コーチのアドバイスだ。「バサロを大きく、最後までキックを速く、強く」。全国大会の長水路(50mプール)対策として、この夏取り組んできた「後半でもテンポが落ちない泳ぎ」を大舞台で体現し、自己記録をさらに更新する30秒95でフィニッシュ。

 銅メダルを手に「(1位と僅差だったので)少し悔しいけれど、うれしい」と笑顔を見せた。

力強い泳ぎで入賞

 スポーツプラザホウトク所属の岩渕立歩さん(湘南工科大学附属高3年)は女子CS400m自由形の決勝に出場。4分20秒03の力泳で自己ベストを更新し5位入賞となった。「来年春の全国大会に出場できることになった。メダルが取れるように頑張りたい」と意気込みを見せた。

初出場で好成績

 初の全国大会出場となった小田原スイミングクラブの亀山宏紳君(千代小5年)。男子10歳以下200m個人メドレー決勝に臨み、2分35秒49で6位入賞を果たした。「うれしいけれど3位以内に入れず悔しさの方が強い。次の大会に向け頑張りたい」と話した。
 

岩渕さん
岩渕さん
亀山君
亀山君

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook