小田原地魚利活用2団体 未利用・低利用魚で新商品 12月から販売開始

文化

掲載号:2021年11月27日号

  • LINE
  • hatena
完成した商品を手にする田川さん
完成した商品を手にする田川さん

 漁港周辺の活性などを目的に活動する小田原地魚大作戦協議会(田川修三会長)がこのほど、新たな加工品2品を開発。12月1日(水)から「漁港の駅TOTOCO小田原」で販売を開始する。どちらも漁港に水揚げされる未利用・低利用魚を使っているのが特徴だ。

 商品化されたのは「港の飯どろぼう 地魚なめろう」と「港のおしゃれ番長 地魚カルパッチョ」。盗まれたように白米を食べてしまうことから名づけられたなめろうは、食感が残るサイズにカットした地魚に特製味噌を和えたもの。カルパッチョはカジュアルに地魚を楽しんでほしいと、スライスした地魚に特製ソースをかけて食べる。

 新商品は、行政や水産関係者による「小田原の魚ブランド化・消費拡大協議会」が、地魚大作戦チームに打診して生まれたコラボ商品。これまでは獲れても海に戻すか魚の餌となる粉末にするなど、市場に流通させづらかった地魚を活用し"気軽に小田原の魚を食べてもらおう"と開発が進められた。素材は魚種を限定せず、その時々で獲れる地魚を採用し、冷凍商品として販売する。

「活用策 官民一体で」

 発売に先立ち11月12日には市役所で試食会を実施。アオアジのなめろう、シイラのカルパッチョを味見した守屋輝彦市長は「ご飯にも良いしお酒にも合いそう」と評価。田川会長は「漁獲量が上がれば収入の一部にもなる。お土産になる総菜だが、今後はその場で食べられたり、給食などへの展開も検討したい。地域活性の施策を官民一体で進めたい」と抱負を語った。2商品とも約800円で初回500パックが販売される予定。

カルパッチョ(右)となめろう(左)の調理例
カルパッチョ(右)となめろう(左)の調理例

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook