神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原相撲連盟の小中学生 団体戦で全国3位入賞

スポーツ

公開:2022年4月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
団体戦に出場したメンバー
団体戦に出場したメンバー

 小田原相撲連盟(田川順也会長・岸田光弘総監督)の小中学生が4月3日、大田区総合体育館(東京都)で行われた全国規模の小中学生相撲大会「第12回白鵬杯」の団体戦で3位に入賞した。

 この大会は大相撲の間垣親方(元横綱白鵬)が主催している。前回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったため、2年ぶりの開催。個人戦は小学校各学年別と中学生の部、小中学生混合の団体戦がある。当初は2月中旬の予定だったが延期となったため、2021年度に小学1年から中学3年だった子どもたちに出場資格があり、全国から約550人が参加した。

 同連盟は第1回大会から参加し、これまでの最高記録はベスト8。今回は入賞を目標に、松崎圭吾さん(旭丘高1年・泉中出身)、高原契斗さん(同)、松崎結斗さん(泉中1年)、高原浩久さん(東富水小5年)、川中子桜輔さん(早川小5年)で団体戦に挑んだ。

 団体戦は50チームが出場、同連盟は予選ブロックを勝ち上がり決勝トーナメントへ。準々決勝で強豪の津幡町少年相撲教室(石川県)を3対2で下したが、準決勝の柏相撲少年団(千葉県)に2対3で惜敗。3位入賞が確定した。大将を務めた松崎圭吾さんは「特に小学生の緊張をほぐせるよう意識した。大きな大会で入賞できてうれしい」と振り返った。

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「力つけて強くなれ!」

ゴリラステーキ

「力つけて強くなれ!」

旭丘高相撲部に振舞い

7月13日

「下中たまねぎ」八王子へ

「下中たまねぎ」八王子へ

ご当地ラーメンとコラボ

7月13日

敬老のお祝い品に

敬老のお祝い品に

自治会や老人会向け防災ボトル

7月13日

三線演奏など沖縄が満載

三線演奏など沖縄が満載

ダイナシティでイベント

7月13日

小田原の魚を学ぶ

小田原の魚を学ぶ

新玉小3年生が漁港見学

7月13日

クリニック併設 安心の住まい

クリニック併設 安心の住まい

13日・14日 試食付き見学会

7月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月6日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook