各方面に「3年ぶり」の声 観光、学校行事など再開

社会

掲載号:2022年5月28日号

  • LINE
  • hatena
武者隊パレードと観客(小田原市内のかまぼこ通り)
武者隊パレードと観客(小田原市内のかまぼこ通り)

 コロナ禍で中止を余儀なくされていた小田原、箱根、湯河原、真鶴エリアのさまざまな観光イベントや学校行事などが「3年ぶり」に再開されている。今年度に入り、地域の活動が再び動き出しつつある。

 小田原市内最大の観光イベント「小田原北條五代祭り」は今年「北條五代 歴史と文化の祝典」として5月3日に開催された。2年前は中止、昨年は規模縮小での実施となったが、今年は感染対策を講じながら、武者隊パレードを3年ぶりに再開。その雄姿に沿道から拍手や声援が送られた。

 主催した市観光協会は、社会のにぎわいを取り戻そうと開催準備を進めたという。同会の外郎藤右衛門会長は「1、2年やらないとノウハウが失われてしまう。今回パレードを実施したことで、地元だけでなくほかの市町からも『勇気をもらった』との声が届いた。今後も、コロナ対策をしながら歩みを進めていきたい」と言葉に力を込めた。

制限無しの総会も

 (公社)県宅地建物取引業協会小田原支部では、毎年継続している総会について昨年、一昨年は密を避けるため、委任状による書面決議をメインとしてきた。今年、コロナ感染対策を施して小田原三の丸ホールで開いた総会は、3年ぶりに制限を掛けずに実施。同支部の藤井香大支部長は「まだ参加に慎重な会員もいるが、制限を掛けることなく新しい市民ホールで開催できて良かった」と語った。

全校で修学旅行

 学校現場では今月、小田原、箱根、湯河原、真鶴の公立小中学校全校が修学旅行を実施。コロナ下では、多くの学校で中止か規模を縮小した代替行事を行っていたが、全校での実施は3年ぶりとなった。

 真鶴町の纐纈(こうけつ)仁志教育長は「校外で学習することは、子どもたちにとってとても大きな財産になる。コロナ対策を十分にした上でさまざまな事業が再開し始めた。良い方向に向かっていると思う」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

移住就農者がマーケット

移住就農者がマーケット 社会

上府中公園で新企画

6月25日号

県内女性議員割合23.3%

市町村議会アンケート

県内女性議員割合23.3% 社会

地方議会 全国平均上回る

6月25日号

相談・通告件数が微減

小田原児相管内

相談・通告件数が微減 社会

2021年度 最多は心理的虐待

6月18日号

海水浴場 3年ぶり開設

小田原真鶴

海水浴場 3年ぶり開設 社会

場内で感染防止呼び掛け

6月18日号

夏の登下校「マスク必要なし」

夏の登下校「マスク必要なし」 社会

2m以上距離確保などで

6月11日号

観光客4年ぶり増加

箱根町

観光客4年ぶり増加 経済

2021年 旅行需要が回復

6月11日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook