箱根町 観光客4年ぶり増加 2021年 旅行需要が回復

経済

掲載号:2022年6月11日号

  • LINE
  • hatena

 箱根町は6月2日、2021年の入込観光客数が前年比7・4%増の1350万人となり、4年ぶりに増加したと発表した。過去50年間で最も少なかった20年に次ぐ2番目の低水準となったが、日帰客を中心に旅行需要が回復傾向に転じた。

 入込観光客数が増加した主な要因として箱根町観光課は、ワクチン接種が進んだことによる高齢者等の重症化率の低下や感染の不安が弱まってきたことを挙げた。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などで、1年間のうち延べ9カ月間が行動制限の対象となったが、制限解除後の11月は200万人を超えた。これは、GoToトラベルが行われた20年同月を上回る水準。特に県内、都内など首都圏からの観光客が増加し、年間の日帰客は前年比12%増の約1096万人となった。

宿泊客は過去最少

 宿泊客は前年比9%減の約254万人で、過去50年間で最少だった。入国制限による外国人観光客の低迷と、GoToトラベル未実施が主な要因。一方、箱いこクーポンとかながわ県民割が開始された12月には日帰客、宿泊客ともに前年を上回った。また、アウトドア需要の高まりを受けて、キャンプ場やコテージの利用客は前年比で11%増えた。

 町では今後、国や県のクーポン施策や、入国制限緩和によるインバウンド再開に期待を寄せている。同課は、土砂崩れなどの被害を及ぼした19年の台風19号と新型コロナの影響に触れ、「18年の水準まで戻るにはまだ時間が掛かるが、水際対策が整えば海外プロモーションを3年ぶりに実施したい」としている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

移住就農者がマーケット

移住就農者がマーケット 社会

上府中公園で新企画

6月25日号

県内女性議員割合23.3%

市町村議会アンケート

県内女性議員割合23.3% 社会

地方議会 全国平均上回る

6月25日号

相談・通告件数が微減

小田原児相管内

相談・通告件数が微減 社会

2021年度 最多は心理的虐待

6月18日号

海水浴場 3年ぶり開設

小田原真鶴

海水浴場 3年ぶり開設 社会

場内で感染防止呼び掛け

6月18日号

夏の登下校「マスク必要なし」

夏の登下校「マスク必要なし」 社会

2m以上距離確保などで

6月11日号

観光客4年ぶり増加

箱根町

観光客4年ぶり増加 経済

2021年 旅行需要が回復

6月11日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook