神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

社会人サッカー久野FC 県1部昇格を目指す 昨年度からリーグに加盟

スポーツ

公開:2024年4月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
開幕戦の集合写真
開幕戦の集合写真

 小田原市の社会人サッカーチーム「久野FC」が、今シーズンから神奈川県社会人サッカーリーグの2部に参入している。4月7日からリーグ戦が開幕し、1部昇格に向けての挑戦が始まった。

 同クラブは約30年前、「久野クラブ」とし発足。当時は久野小学校出身の選手で構成されていたが人数の減少に伴い、現在は県西地域出身の選手を中心に20歳から38歳までの29人が所属する。

 これまでは小田原のリーグに参加していたが、昨年度から県リーグ3部に参入。近年、小田原から県1部と2部に参加しているチームがなく「小田原を盛り上げたい」と県リーグに加盟した。チームの代表兼監督を務める小野惣一さん(43)は「やるからには強い覚悟が必要だった」と1年で2部に昇格できないとチームを解散すると決意した。

 県3部では113チームが参加するなか、勝ち進んで昇格決勝戦に進出。決勝戦でも2点差を逆転して、2部昇格を決めた。

 今年度の県2部は30チームが2ブロックに分かれてリーグ戦を行う。その後、各ブロック1位同士の優勝決定戦で勝者が1部自動昇格、敗者は1部下位チームとの入れ替え戦に勝利すれば昇格となる。

 横浜市の玄海田公園で行われた開幕戦では、品川CCセカンド(横浜市)と対戦した。試合は後半にカウンターから先制点を奪うも、同点に追いつかれて1対1の引き分けとなった。試合を振り返り、主将の牛澤駿介さんは「勝ち切れなかったのは非常に悔しい」と話した。同チームは現在、県1部のチームとの合同練習や、毎週行っている試合でチーム力を高めている。小野監督は「1年で1部に昇格できるよう頑張っていきたい」と意気込んだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

まちに住んだ著名人の記録

十字町商店会

まちに住んだ著名人の記録

歴史冊子「ヒストリア」刊行

5月18日

箱根町が県内最低

合計特殊出生率

箱根町が県内最低

唯一「1.0」を下回る

5月18日

優勝目指し「アツマーレ」

湘南ベルマーレF

優勝目指し「アツマーレ」

小田原駅前で開幕イベント

5月11日

阿武剋関に化粧まわし贈呈

旭丘高校

阿武剋関に化粧まわし贈呈

同校出身、新十両に昇進

5月11日

若き山田太一氏の足跡

小田原高校中等教育史料館

若き山田太一氏の足跡

母校との縁 企画展で紹介

5月4日

末裔集い「戦国武将サミット」

末裔集い「戦国武将サミット」

講演会、大茶会など3日間

5月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook