神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

箱根町 コロナ前の9割に回復 2023年入込観光客数

社会

公開:2024年6月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

 箱根町は6月4日、2023年の入込観光客数が前年比112・4%の1951万人となったと発表した。23年は新型コロナウイルス感染症が5類に移行した。また、水際対策の終了や円安もインバウンド増に影響した。

 神奈川県が23年に実施した旅行需要喚起策の「いざ、神奈川!」や「かながわ鉄道割」の効果もあり、宿泊客は前年比114・1%の393万8千人で、コロナ前の水準の87%まで回復した。このうち外国人観光客は34万4千人で前年の約8倍に増えたが、18年と比べると57・7%にとどまる。対18年比で中国(香港、台湾除く)からの宿泊客は約10万人減少していた。

 日帰り客の回復も好調で前年比111・9%の1557万2千人。コロナ前の水準の93%だった。

 月別では、仙石原すすき草原や紅葉が見頃になる11月が前年に続き最大入込で201万人超。また、サクラの開花による訪日需要の高まりもあり4月の入込観光客数は前年比で約50万人増の167万人超。23年の増加分の約4分の1は4月に集中していた。

観光需要の変化

 (一財)箱根町観光協会の佐藤守専務理事によると、団体旅行が減り個人旅行が増えるトレンドがコロナ禍を経てさらに加速しているという。「会社のマインドも変わり、社員旅行やインセンティブツアーは戻ってこない。しかしそれを悪いこととは判断していない。町が策定した観光プランでも人数を増やすことではなく、付加価値の高いサービスを提供することを重視している」と話す。一方で「外国人など高単価の旅行客ばかりに受け入れを注力していては、若年層の国内旅行客は離れていく」として、将来的な観光客にアプローチするためのブランディングやマーケティングにも注力する考えを示した。

 勝俣浩行町長は「箱根駅伝は3年ぶりに沿道での応援が認められるなど、多くの催しがコロナ前の形で開催できるようになった。ようやく見えてきた明るい兆し。この軌道に乗ってしっかり観光地づくりに取り組んでいきたい」と話した。

観光客でにぎわうあじさい橋(24年6月)
観光客でにぎわうあじさい橋(24年6月)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「飛鳥III」就航前に公開

町立湯河原美術館

「飛鳥III」就航前に公開

画家の平松礼二さん 特別展

7月20日

危険な暑さに「避難場所」

小田原市

危険な暑さに「避難場所」

民間と公共23施設を指定

7月20日

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook