神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原市 見守りサービス認知向上へ 推進協議会を設立

社会

公開:2024年7月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
推進協議会のメンバー
推進協議会のメンバー

 小田原市が公民連携事業として取り組む「おだわらっ子見守りサービス」の認知向上と啓発を目的に6月28日、推進協議会(古川正治会長)が設立された。

 同サービスは市立小学校の児童に専用端末を無料で配布し、端末を持った児童が1学区に約20カ所設置された見守りスポットを通過するか、専用アプリをインストールした人(見守り人)やタクシーとすれ違うと、位置情報や通過時間が記録されるシステム。有事の際に保護者同意のもと、位置情報を警察に提供することで早期解決を図る。また、有料サービスでは保護者が位置情報を受け取ることができる。

 市は昨年4月、同サービスを運用する(株)otta、Hamee(株)の2社と協定を締結。これまで8校の小学校で導入し、サービスの利用を希望する人に専用端末を配布し、8校の全児童の内4割が利用している。市は残る17校についても順次導入を進め、8割の利用目指すとしている。

 推進協議会の設立には、地域経済団体やPTAなど6団体で構成。同会は各団体会員への周知や市のSNSなどでの発信を通して、サービスの認知度向上や見守り人の増加に取り組んでいく。栁下正祐教育長は「市内全域にこの見守りサービスが広がることで、有効な安全対策になると認識している」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「飛鳥III」就航前に公開

町立湯河原美術館

「飛鳥III」就航前に公開

画家の平松礼二さん 特別展

7月20日

危険な暑さに「避難場所」

小田原市

危険な暑さに「避難場所」

民間と公共23施設を指定

7月20日

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook