足柄版 掲載号:2015年4月18日号 エリアトップへ

県議選南足柄 瀬戸氏が初当選 知事選投票率が低調

政治

掲載号:2015年4月18日号

  • LINE
  • hatena
支持者を前に万歳する瀬戸氏(中央)
支持者を前に万歳する瀬戸氏(中央)

 統一地方選挙前半戦の神奈川県議会議員選挙が12日にあり、県議選南足柄市選挙区で新人の瀬戸良雄氏(67)が初当選を果たした。県知事選では大井町の投票率が県下で3番目に低い28・86%となるなど、足柄上地域での低投票率が際立つ結果となった。

 県議選南足柄市選挙区は自民党など政党公認候補がいないなか、無所属2人による一騎打ちとなった。

 市議3期を務め1995年に県議へ転身し、県議会では副議長も経験した重鎮の川上賢治氏(76)は、5期20年の実績を強調して6選を目指した。

 一方の瀬戸氏は県職員から市議1期を務め前回2011年に初めて県議選に挑戦したが現職の厚い壁に阻まれた。その後、4年をかけて市内全域で組織固めに取り組み、捲土重来を期して告示を迎えた。

 3月13日、県議会定例会が閉会すると事実上の選挙戦がスタートした。翌14日に大手新聞社が都道府県議会の政務活動費に関する調査報道を紙面に掲載。そのなかで川上氏の地元団体への支出が指摘された。

 それまで現職への「多選批判」を強めていた瀬戸氏だったが、元兵庫県議の不正支出を引き合いに現職への攻勢を強めそのまま選挙戦に突入した。

女性の力

 瀬戸氏の陣営では、元市議ら女性の支持者でつくる支援グループ「れもんの会」が力を発揮した。明るく元気な女性が前面に出る賑やかな雰囲気が陣営に満ち溢れていた。

 市議会で議長を経験した女性幹部は「前回は表立って活動はしなかったが今回は全力で応援した。温厚な瀬戸さんの人柄と落選からの地道な活動が良い結果につながった」と選挙戦を振り返った。

 12日午後10時、午後10時半と2度の開票速報で互角の数字が並ぶと、それまでとは一転して重苦しい空気が陣営を包んだ。

 そうしたなか迎えた午後11時、開票所にいた陣営関係者から当選の一報が届くと空気が一変。拍手と歓声、支持者が手を取り合い飛び跳ねて喜び合うなか瀬戸氏が姿を現すと、瞬く間に支持者が瀬戸氏を取り囲み手を取り合った。

 瀬戸氏は「有権者の皆さまから頂いた票を大切にしたい。県西地域活性化プロジェクトにからめて大学病院の医局を誘致したい」などと抱負を語った。

 同じ頃、事務所で落選の報を聞いた川上氏は「すべては私の不徳の致すところ。皆さんには一所懸命やっていただいた。今後は選挙には打たず一市民として政治活動を続ける」と述べた。

 県議選足柄上選挙区は自民現職の杉本透氏(61)が無投票で3選を決めた。

28・86%

 県知事選、県議選ともに足柄上地域の自治体での投票率が低調に終わった(表参照)。開成町では県内で最も大きい前回比26・27ポイント減。大井町では県下で3番目に低い28・86%を記録した。

 山北町では、昨年6月の町長選に続き今回の県議選も無投票となり、21日告示の町議選でも無投票の公算が大きい。

足柄版のトップニュース最新6

介護施設に空き家活用

潤生園

介護施設に空き家活用 社会

地域再生モデルにも

4月17日号

西湘が初の全国制覇

少年ソフトボール

西湘が初の全国制覇 スポーツ

選抜19人の総合力で快挙

4月17日号

JFA認可の人工芝に

南足柄市体育センター

JFA認可の人工芝に スポーツ

野外照明LED化も

4月10日号

5月から映像配信開始

開成町議会

5月から映像配信開始 社会

インターネットで視聴可

4月10日号

北小、統合の方針固まる

南足柄市

北小、統合の方針固まる 教育

保育・幼稚園も減数に

4月3日号

瑠璃色の「お花畑」に

松田町コキアの里

瑠璃色の「お花畑」に 社会

ネモフィラ8千株咲く

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter