足柄版 掲載号:2016年10月15日号 エリアトップへ

大井町の笑顔特派員として活動する スベリー・マーキュリーさん(本名:杉田宗弘) 南足柄市出身 34歳

掲載号:2016年10月15日号

  • LINE
  • hatena

町の仕事は、スベリ知らず

 ○…1970年から90年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーのモノまねで人気。衣装は自前、クイーンの映像を凝視してTシャツを破き、糊で白ズボンにラインを付け、リストバンドはサポーター。カラーテープを巻くが「これは改良の余地あり」。自慢の髭も毎日お手入れ。豪快パフォーマンスの裏には”A型気質”の地道さが見え隠れする。

 ○…南足柄市出身。小田原高校卒。高校2年でお笑いに興味を持った。文化祭でコメディ劇の主役を演じ「人に喜んでもらえる嬉しさを知った」。早稲田大学入学後は受験勉強中に元気をくれたアイドル、モーニング娘。にぞっこん。アルバイト代をつぎ込み九州ツアーで”追っかけ”、資金が底をつきハウステンボスで野宿した。大学2年で吉本興業の養成所に入り、大学、養成所、アルバイト、アイドルの追っかけと草鞋はゆうに4、5足履いた。

 ○…大井町の笑顔特派員になって約2カ月。地域の人たちとふれあう日々が続いている。小学生からは「ネタを1万回やって」と頼まれることもあるがネタは安売りしないほう。最近はクイーンを知らない世代でも顔を合わせると「ネタ」を求められる。鉄板ネタは「足の裏に大福を乗せてから落として食べること」。それを知ってか知らずか、ある日、間宮町長から大福の差し入れが。「いつでもネタをやれ、という無言のエールなのか」とリアクションに頭を悩ませている。

 ○…町役場には週3日の出勤。定位置は2階。70、80年代の雰囲気を漂わせつつ誰よりも早く来客者にあいさつし、最後まで笑顔で見送る。愛称は「スベリーさん」。10月30日にはスポーツと笑いの祭典「ME-BYOフェスタ」がある。「長閑な風景や町民の優しさに触れながらイベントを楽しんで」と告知も忘れない。「大井町を知ってほしい」と町外への遠征やSNSを駆使したPRにも力を入れる。

足柄版の人物風土記最新6

久富 みちよさん

交流イベント「花いっぱいカフェ」を初開催した

久富 みちよさん

南足柄市在住 67歳

5月8日号

舟橋 ゆみ子さん

わらべ歌を通じ、遊ぶことの楽しさやコミュニケーションの取り方を伝える

舟橋 ゆみ子さん

開成町在住 60歳

5月1日号

三浦 圭子さん

開成町つくしの会の会長を務める

三浦 圭子さん

開成町在住 65歳

4月24日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月17日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

菊池 あかねさん

開成町と移送に関する協定を結んだ「福祉タクシー千+α」の代表

菊池 あかねさん

開成町在住 50歳

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter