足柄版 掲載号:2017年2月18日号 エリアトップへ

(PR)

女性の悩みに寄り添う ココロとカラダの両面からサポート

掲載号:2017年2月18日号

  • LINE
  • hatena
「悩む前にご相談ください」と大森院長
「悩む前にご相談ください」と大森院長

 大雄山駅前にある「南足柄レディースクリニック」が2月12日、開院1周年を迎えた。「あらゆる年代の女性をサポートしたい」との想いで診療にあたってきた大森元(はじめ)院長に、近頃多い相談について話しを伺った。

 「体の不調や痛みを我慢される方が多く、こちらが心配になってしまうくらい」と大森院長。特に目立つのが子宮のトラブル。不正出血や痛みなどから筋腫や内膜症が見つかることが多い。なかには「がん」が発見されたケースもあったという。「患者様から『もっと早く来ればよかった』と言われることもあります。我慢しないことが大切です」と話す。

地域に根付いた医療

 市町村のがん検診や一般不妊治療など、多方面の患者さんが訪れる同クリニック。婦人科と精神科の両面から治療にあたるのが特徴。大森院長は総合病院などで産婦人科医や精神科医として勤務。幅広い知識と経験から診療にあたる。

 「更年期障害だと思って受診した方がうつ病だったこともあるほど、女性特有の病気は心も関わっています」とも指摘。生理前に気分の沈みなどを引き起こす「月経前症候群」や認知症などの相談にも対応する。

 大森院長が目指すのは『地域に根付いたお医者さん』。「症状が進むほど心と体の負担が増えます。気になることがあれば相談してください」と呼びかけた。

南足柄レディースクリニック

南足柄市関本565-5-204

TEL:0465-72-5756

http://nttbj.itp.ne.jp/0465725756/index.html

足柄版のピックアップ(PR)最新6

「美容カイロエステお仕事説明会」

「美容カイロエステお仕事説明会」

22日・23日 参加無料

1月15日号

5周年特別価格で

新作ひな人形が勢ぞろい

5周年特別価格で

1月15日号

G段&紙素材に再注目 ”脱プラ”でSDGs促進

藍染で町に光りを―

足柄上商工会青年部の挑戦

藍染で町に光りを―

12月18日号

資格取得で仕事がさらに充実

高齢者介護福祉潤生園

資格取得で仕事がさらに充実

1月13日から初任者研修 採用予定者は受講料0円

11月27日号

作家・柳田邦男氏の講演会

自分はどう生き切りたいのか― 入場無料

作家・柳田邦男氏の講演会

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook