足柄版 掲載号:2019年9月21日号 エリアトップへ

松田町 公共施設をLED化 電力削減に湘南電力と契約

経済

掲載号:2019年9月21日号

  • LINE
  • hatena
会見場で握手をする(左から)湘南電力・原代表取締役、本山町長、ほうとくエネルギー・志澤昌彦取締役副社長
会見場で握手をする(左から)湘南電力・原代表取締役、本山町長、ほうとくエネルギー・志澤昌彦取締役副社長

 松田町は、湘南電力株式会社(小田原市扇町・原正代表取締役)と公共施設に関する電力削減サービス基本契約を締結した。公共施設にLED照明を設置し、電力使用量と電力料金の削減を図る。

 LED化する公共施設の第1弾は松田町民センター(松田町松田惣領)で、大ホールを除くほぼすべての約1000個をLED電球に交換。10月1日から運用を開始する。

 事業の仕組みは、LED照明の設置と保守を湘南電力が行い、町は電気料金とサービス料金を同社に支払う。LED照明機器は、ほうとくエネルギー株式会社(小田原市扇町)が購入したものを湘南電力にリースする。契約期間は10年間。

 町によると同センターの電気料金は年間約780万円で、試算ではLED化による電気料金の削減額と電球交換などメンテナンスコストを合わせると、年間35万円程度の削減が見込めるという。

 町役場で9月11日に開いた会見で本山博幸町長は、「町にとっては、初期投資がないのはありがたい。行政にとって踏み込みやすいスキームだと思う」と説明し、「経費削減だけでなく、省エネが進めばCO2削減にもつながる」と意義を強調した。原代表取締役は「松田町さんのエネルギーの地産地消、経済の地域内循環に貢献していきたい」と考えを述べた。

 町と湘南電力、ほうとくエネルギーは2016年に株式会社エナリス(東京都)を含む4社で「松田版エネルギー地産地消モデルの構築に関する協定書」を締結。公共施設2カ所に太陽光発電と蓄電池設備を設置している。

星槎小田原キャンパスで縁日

さがみ湾の大海原と共に、片浦レモンの味覚を楽しもう

http://seisa.ed.jp/odawara/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

小学校に図書寄贈

小学校に図書寄贈 文化

足柄ロータリークラブ

10月12日号

支え合い組織 より強固に

支え合い組織 より強固に 社会

南足柄市で発足式

10月12日号

コキアの里が開園

松田山

コキアの里が開園 社会

10月13日は紅葉まつり

10月5日号

三保小を川村小に統合

山北町

三保小を川村小に統合 教育

令和3年3月末に閉校へ

10月5日号

足柄勢が国体に挑む

足柄勢が国体に挑む スポーツ

茨城県できょう開幕

9月28日号

森林資産を有効活用

森林資産を有効活用 経済

南足柄市 林業6次産業化

9月28日号

パナック工業で降灰体験

パナック工業で降灰体験 社会

収録動画の無償提供も

9月21日号

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「郷土のいだてん」足跡を展示

「郷土のいだてん」足跡を展示

12日から 松田町民センター

10月12日~10月18日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク