足柄版 掲載号:2020年5月23日号 エリアトップへ

詩の朗読 感動から寄付 春めき財団 古屋富雄さん

社会

掲載号:2020年5月23日号

  • LINE
  • hatena
古屋富雄さん
古屋富雄さん

 一般財団法人春めき財団(古屋富雄理事長)が5月、2つの寄付を行った。14日にそれぞれ目録を郵送。寄付金は5月26日に振込むことにしている。同財団では、新型コロナウイルス感染防止のため、今回だけは現地へ出向くことを避けた。

 1つ目の寄付は、秋田県立視覚支援学校。きっかけは、早咲きの桜「春めき」の香りを世に広く知らせるきっかけとなった、秦野市在住の視覚障害者・三嶽正雄さんだった。三嶽さんが、同校の鈴木稟々果(りりか)さん(当時小3)が作詩した「さくら」を自ら朗読するのをラジオで聴き、古屋さんに紹介。この録音を聴いた古屋さんが深い感銘を受けたという。これが2年前の話。

 古屋さんは早速、稟々果さんの詩に「2番」を作詞し、曲をつけてプレゼントした。あわせて、香りのする「春めき」の苗木も提供した。

 感激した稟々果さんは「春めき」の植栽を行い、開花するのを楽しみに待っていた。稟々果さんの詩の出だしは「さくらは もうすぐ さくかしら たのしみ たのしみ たのしみだ」となっていた。

 その「春めき」が開花したのが今年の春。このタイミングで古屋さんは30万円の寄付を計画したのだという。「稟々果さんにお会いできるのを楽しみにしていた。曲をつけた歌を一緒に歌うことにしていたので残念です」とコロナ禍に無念の表情の古屋さん。稟々果さんとの面会を心待ちにしていたのだ。

点字図書館にも30万円

 もう一つの寄付は社会福祉法人日本点字図書館。全国の視覚障害者への録音図書の制作に役立ててもらうため、30万円を寄付した。

 いずれの寄付も大手企業2社からの支援金を充てた。
 

足柄版のトップニュース最新6

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

北足柄小の閉校前倒し

北足柄小の閉校前倒し 教育

2022年4月統合で決まる

10月2日号

足柄台中で特別授業

富士フイルム株式会社

足柄台中で特別授業 教育

除菌製品開発者が講師に

10月2日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook