足柄版 掲載号:2021年4月10日号 エリアトップへ

南足柄市体育センター JFA認可の人工芝に 野外照明LED化も

スポーツ

掲載号:2021年4月10日号

  • LINE
  • hatena
人工芝を敷設予定のグラウンド
人工芝を敷設予定のグラウンド

 南足柄市は県西地区におけるスポーツ振興の拠点として、市体育センターグラウンドを人工芝化する。各種イベント開催のための環境を整えることがねらい。今後、請負業者を決め、2021年7月以降の着工、22年4月の利用開始を目指す。総事業費は約2億6000万円を見込む。

 グラウンド総面積(1万1396平方メートル)のうち、サッカーコートに該当する部分(7848平方メートル)はフルコート用の競技用人工芝(ロングパイル)となる。JFA(公益財団法人日本サッカー協会)の認可を得て、全国社会人サッカー選手権大会や全日本大学サッカートーナメントなどでも使用できるようにする計画だ。このほか、グラウンド周囲のネットフェンスの張り替えや体育館東側にある広場やトイレの整備、更衣室の設置、アルミ製のベンチやフットサル用のゴールの購入も予定している。

 人工芝化に伴い、今後重機が入れなくなるため、現在グラウンドに設置されている照明塔のLED化も先行実施する。市が進める第5次総合計画の重点プロジェクトの一環。市体育センターグラウンドの工事中も、市運動公園多目的広場などの各施設は利用可能だ。市文化スポーツ課は「利用する方々に喜んでもらえるよう準備を進めたい」と話していた。

足柄版のトップニュース最新6

ロボット先生が授業

福沢小

ロボット先生が授業 社会

「思いやる心」醸成がねらい

5月8日号

プレ率100%商品券

開成町

プレ率100%商品券 社会

世帯主が2口まで購入可

5月8日号

広告付きAED導入

大井町

広告付きAED導入 社会

役場本庁舎など3カ所

5月1日号

利用者堅調に推移

中川温泉ぶなの湯

利用者堅調に推移 社会

休業あっても例年並み

5月1日号

大野山の「動物」新調

大野山の「動物」新調 社会

標高知らせるモニュメント

4月24日号

武井家で代々守られ150年

武井家で代々守られ150年 社会

夏ミカンの木が大成長

4月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter