足柄版 掲載号:2022年2月5日号 エリアトップへ

南足柄市 自然エネ利用拡大へ 発電設備設置などで協定

社会

掲載号:2022年2月5日号

  • LINE
  • hatena
(左から)細川元首相、加藤市長、山下代表
(左から)細川元首相、加藤市長、山下代表

 南足柄市と一般社団法人自然エネルギー推進機構(静岡県伊東市・山下裕子代表理事)は1月27日、同市の自然エネルギーの利用推進に関する協定を結んだ。2050年の脱炭素社会の実現に向け、自然エネルギーを利用した発電設備の設置などで協力していく。

 この日は機構の山下代表に加え、湯河原町在住で自然エネルギーの普及に尽力する細川護熙元首相らが出席。協定を結び、市に可搬式蓄電池を寄贈した。

 今後は次のプロジェクトを展開していく。1つ目は「道の駅足柄・金太郎のふるさと」への(仮称)自然エネルギーパークの整備。同所には太陽光発電、蓄電池、EV急速充電器が備わっているが、これに加え2022年度中にカーポート型太陽光発電、蓄電設備、EV充電施設、小型風力発電施設を整備し、数種の再生可能エネルギーが見学できる環境教育の場として育てていく考え。

 また、23年度からは矢倉沢地区に狩川の流れを利用した水力発電施設、24年度からは公共施設や市内農業用水路などに自然エネルギー施設設置にも取り組む予定。

 山下理事長は「温暖化に伴う自然災害が毎年のように発生し、孤立する集落もある。身近な発電設備は非常用のエネルギー源としても利用できる」と話す。加藤市長は「市としても自然エネルギーの利用拡大は不可欠。これまで機構が培ってこられた経験・知見を活かし市の取り組みに生かしたい」と応えた。

 同機構は自然エネルギー設備の普及・啓発を主な事業内容に、これまで静岡県長泉町でのニコニコ水力発電、京都市右京区で嵯峨越畑上大谷小水力発電に取り組んでいるという。

バウビオロギー住宅が完成

7月2日・3日に小田原市久野で現場見学会を開催

https://www.k-abeken.com

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

消費拡大へご当地キャラ

足柄茶

消費拡大へご当地キャラ 社会

松田の斎藤茶舗が新商品

6月25日号

明治の「西大井村絵図」公開

県立公文書館

明治の「西大井村絵図」公開 社会

地元自治会が取り上げ話題

6月25日号

どうなる小・中水泳授業

どうなる小・中水泳授業 社会

足柄上1市5町を調査

6月18日号

子育て応援で3万円給付へ

南足柄市

子育て応援で3万円給付へ 社会

7月中旬予定、対象は4100人

6月18日号

産学連携で田植えに汗

大井町高尾地区

産学連携で田植えに汗 文化

6年目の酒米づくり

6月11日号

寄にホタルシーズン到来

寄にホタルシーズン到来 社会

地域団体ら連携して催し

6月11日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook