足柄版 掲載号:2022年5月7日号 エリアトップへ

山北町立山北診療所長兼医師を務める 浜田 俊之さん 山北町在住 61歳

掲載号:2022年5月7日号

  • LINE
  • hatena

地域医療を後進へつなげ

 ○…「第2の故郷」と呼ぶ山北町にある診療所の所長就任は、2年ぶり3度目。コロナ禍で迎えた定年で離れたが、まちの様子と患者が気がかりで、新聞で町の記事を探すなど、情報収集は欠かしていなかった。復帰を決めたのは、診療所に戻って欲しいという地域住民の声だった。その後、真っ先にカルテを見返し、通院状況や診療内容をチェック。「見ていると患者さんの顔が浮かぶんだ」

 ○…東京都世田谷生まれ、横浜育ち。野球下手を除けば、絵に描いたような優等生タイプでパイロットに憧れていた。そんな折に、脳梗塞で倒れる祖父を目の当たりにし、中学生ながら「医者になって自分が治す」と医師を志した。県立の医療機関や保健所などに勤務し、経験を積んだ。診療所は医療機関のない三保や清水地区の地域医療を支える拠点でもあり、4つの診療科目を一人で担っている。「難解な症状でも門前払いにはしない」という信念で患者に向き合う日々だ。

 ○…自宅のある横浜に家族を残し、診療所の2階で暮らしている。食事面で妻や娘、息子に心配をかけないようにセイロ蒸し料理で健康を気遣う一面も。医師になってから始めたバスケットボールは「もっと長くやりたい」と3年前にヒザを手術。「2階はドリブルが出来る位広いんだ」とおどけてみせる。

 ○…いわゆるへき地での勤務は、診察以外にも福祉施設や行政から多くを求められるといい、「若くてフットワークが軽い医師が適任」と考えている。それでも、まずは自身が「後進が働きたくなるように、診療所の魅力アップに精一杯取り組むことが大切」と強い使命感を持って業務にあたる。「ヒザが痛いなんて言ってられないよ」とほほ笑んだ。

バウビオロギー住宅が完成

7月2日・3日に小田原市久野で現場見学会を開催

https://www.k-abeken.com

<PR>

足柄版の人物風土記最新6

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市久野在住 57歳

6月25日号

小田 猛さん

活動10年目を迎えたかいせい子どもゆめパークの会長を務める

小田 猛さん

開成町在住 61歳

6月18日号

山崎 歩夢さん

湘南ベルマーレフットサルクラブで選手として活躍する

山崎 歩夢さん

松田町出身 26歳

6月11日号

浦野 美和子さん

日本語教室あしがらNIHONGOの代表を務める

浦野 美和子さん

南足柄市在住 66歳

6月4日号

倉橋 光男さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

倉橋 光男さん

中井町在住 69歳

5月28日号

瀧本 正一さん

南足柄市消防団の団長に就任した

瀧本 正一さん

南足柄市塚原在住 60歳

5月21日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook