箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

コーチは元アジア大会代表

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
リレーを指導する土岐さん。「陸上から離れられなかった」
リレーを指導する土岐さん。「陸上から離れられなかった」

温泉街で口コミ人気の陸上クラブ

 箱根の旧道沿いにある湯本小学校校庭が週2回、陸上の練習で賑わっている。授業を終えた小学生たちの全力疾走を見つめるのは、コーチの土岐真保美さん(47・湯本在住)。土岐さんは九州出身で、10歳から陸上を始め、中学時代に全国大会出場などの成績を残し、社会人になって九州NECに所属。90年の陸上アジア大会に出場し当時の3000mの日本記録を塗り替えた。頂点に立った土岐さんだったが、今度は追われる側のプレッシャーを背負うようになった。実業団では2位・3位ではなく、常に優勝という結果が求められる世界だったという。30歳で引退し、その後箱根湯本に転居。現役時代のように走る余裕はなくなったが、陸上の世界から心が離れることはなかった。

 きっかけは5年ほど前。娘の優花ちゃんと友達の2人が陸上に興味を持ち、土岐さんがコーチになって走りかたを教え始めた。湯本小校庭での特訓が周囲にどう映ったのか「仲間に入れて」と子どもたちが続々加わり、個別指導はいつしかメンバー30人に増加。「箱根湯本クラブ」と呼ばれるようになった。

 土岐さんの持論は「小さい頃から練習した方が速くなれる」。地面に円盤やラダー(梯子のようなもの)を並べて瞬発力や敏捷性などを高めるトレーニングを繰り返し、最後はリレーで締めくくる。球技に比べて陸上の練習は短調になりがちだが、タイムが向上するから子どもたちは楽しくて仕方ない様子。最近では陸上の競技会に出始める子もいる。箱根駅伝の町で育った駅伝選手の輩出も夢ではなさそうだ。ちなみに子どもたちが入る箱根中学校には陸上部がない。土岐さんはそれを踏まえた上で「どんな部活にも活かせるよう体力づくり重視です。陸上を続けてくれたら嬉しいけれど」と目を細めていた。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク