箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年1月12日号
  • LINE
  • hatena

13日(土)の昼に点火、岩どんど焼き保存会の会長を務める 加藤 好一さん 真鶴町岩在住 53歳

地域のおじさんでありたい

 ○…規模が大きいことで知られる岩海岸のどんど焼きで、一際大きな声を上げているのがこの人。準備や点火には町内自治会など様々な力添えが欠かせない。昔は3つの子ども会が持ち回りで準備していたという。降灰などの関連で存続が危うくなった時もあったが、岩小学校(当時)の児童からの要望もあり、どんど焼き保存会が発足。会長を引き受け、かれこれ20年経った。「昔世話になったおじさん達が頑張っていたから、やらなきゃなって」。気が付けば自分も立派な白髪頭になりつつある。

 ○…実家は大工で、小学生の頃から住宅建設の現場に通っていた。職人たちを真似て釘を打つと、すぐに父から叱咤の声が飛んできた。12歳の頃には壁をたたく音でその裏の構造が分かるようになり、中学生で自宅の階段も施工した。家業を継ぐために小田原城北工業高の建築科に進み、その後、建設会社の現場監督として就職。小田原駅近くのEPOや酒匂川沿いの小田原アリーナ、小学校校舎など、まちを歩けば思い出の現場ばかり。手入れが行き届いているかどうか、つい気になってしまう。

 ○…双子を含む3人を育て、無事巣立っていった。仕事で家を留守にする事が多いため、休みが取れると挽回するように地域でサッカーを教えたり、子ども会の代表を務めた。しわ深い目を細めて「あの頃は体が動いていたから」。今も仕事は建設現場。どんど焼きの季節は現場の引渡しを控えた正念場に重なる。多忙な合間に水筒を開けて口に含むのは、妻・祐子さんの淹れてくれたコーヒーだ。

 〇…毎年小雨でも雪が降っても点火してきた。その醍醐味を聞くと、口を「へ」の字に、腕組みして天をあおいだ。「なんだろ?天も焦がす炎かな。年男・年女はもちろん、みんなで点火したいね」。サイズが大きい分、ダンゴを手に集う子どもの数も多い。苦労は数分で燃え尽きて、ほくほくとした笑顔だけが残る。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

赤木孝さん

大阪や東京で開催の企画展「富士屋ホテルの営繕さん」で仕事が紹介された

赤木孝さん

12月14日号

十河 剛さん

湯河原町躰道協会で理事長を務める

十河 剛さん

11月30日号

刀称(とね) 由美子さん

真鶴遠藤貝類博物館サポーターズの代表を務める

刀称(とね) 由美子さん

11月16日号

南谷 桂子さん

フランスの農事功労章を授与された

南谷 桂子さん

11月2日号

小笠原 修さん

世界マスターズ陸上競技選手権に出た

小笠原 修さん

10月19日号

川瀨 伸二さん

小田原警察署長に就任した

川瀨 伸二さん

10月5日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク