秦野版 掲載号:2013年2月21日号

(PR)

多種多様の手の痛み― 医療レポート

大切な手を守る「手外科」

取材協力/伊勢原協同病院

(左)井上部長・(中央)齊藤医長整形外科医師スタッフ
(左)井上部長・(中央)齊藤医長整形外科医師スタッフ

 細かい作業から力仕事まで、年中無休のフル活動で我々の日常生活の様々な場面で活躍する『手』―。

 だからこそ、切り傷などの外傷をはじめ、骨折や腱鞘炎、神経障害など多種多様の疾患に罹患する可能性があるという。そこで地域医療の中核病院である伊勢原協同病院(高畑武司病院長)の整形外科で手外科を担当する齊藤毅医長に話を伺った。

 整形外科の中でも手全般の症状を担当する手外科。伊勢原と周辺地域は農業従事者も多く、腱鞘炎や手根管症候群などの症状の方が多く来院するという。齊藤医長は「腱鞘炎による指の運動障害を放置しておくと、関節そのものが硬直してしまうこともあります。注射で改善する場合、手術が必要な場合など、診察が重要になります。手の症状でお困りの場合は一度お伺いください」と話す。また手の疾患は患者さんが症状だけで判断することは難しいという。

リハビリと協力

 「罹病期間が長いと手術後に元の健康な状態に戻りづらくなります」と齊藤医長。手術や治療のタイミングはもちろん、手術後のリハビリも重要になってくる。

 同院では総合病院の利点を活かして、手外科をはじめとした整形外科全般でリハビリテーション科の理学療法士や作業療法士と連携し、手術後の機能回復にも力を入れている。多くの患者が訪れる同院、齊藤医長は「患者さん一人ひとりの声に耳を傾け、求められている治療をしっかりと行っていきたい」と話す。
 

伊勢原協同病院

伊勢原市桜台2-17-1

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のピックアップ(PR)最新6件

「乳がんをもっと知ろう」

『にこにこパン工房』開店5周年

障がいのある方々と共に歩んで

『にこにこパン工房』開店5周年

1月19日号

4月入校生を募集

県立西部総合職業技術校”かなテクカレッジ西部”

4月入校生を募集

1月19日号

屋根・外壁メンテナンスセミナー

家の寿命を延ばすポイントがわかる! 参加無料

屋根・外壁メンテナンスセミナー

1月14日号

自分で守る腰痛の話

お金が殖える仕組み創り

参加無料

お金が殖える仕組み創り

1月14日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク