秦野版 エリアトップへ

人物風土記の記事一覧

  • 内田 慎之介さん

    秦野市PTA連絡協議会(市P連)の会長を務める

    内田 慎之介さん

    南矢名在住 38歳

    ”つながり”を大切に ○…今年のスローガンは「Connect with your heart〜keep distance...(続きを読む)

    5月14日号

  • 中尾 洋子さん

    秦野少年補導員連絡会の会長に就任した

    中尾 洋子さん

    南矢名在住 65歳

    まっすぐに、努力を怠らず ○…パトロールしていて感じることは、外にいる子どもの数は減っているということ。その一方で深刻なの...(続きを読む)

    5月7日号

  • 志賀 明子さん

    市民の集いの場「渋沢ほっとサロン」の代表を務める

    志賀 明子さん

    千村在住 81歳

    いつも楽しく、いきいきと ○…4月に活動10年目を迎えたシニア世代を中心にふれあい、いきいきと過ごせる「渋沢ほっとサロン」...(続きを読む)

    4月30日号

  • 瓜本 公生さん

    東公民館で定期開催するレコードカフェ「メモリーズ」を企画した

    瓜本 公生さん

    曽屋在住 65歳

    ”秦野愛”が原動力 ○…東公民館の館長を務めて2年目の2017年に、人気が再燃したレコードを聴く交流の場「メモリーズ」を企...(続きを読む)

    4月23日号

  • 竹内 房枝さん

    70周年を迎えた秦野市子ども会育成連絡協議会の会長を務める

    竹内 房枝さん

    南が丘在住 71歳

    子どもたちの笑顔のために ○…秦野市内には現在38の子ども会があり、会員数は約1700人(2月末現在)。子ども会育成連絡協...(続きを読む)

    4月16日号

  • 上杉 吉昭さん

    秦野市の風景をテーマに油彩画の個展を開催している

    上杉 吉昭さん

    松原町在住 85歳

    豊かな自然が創作の源 ○…秦野に魅せられたのは、ある春の日だった。トンネルを抜けた瞬間に広がった春雪の美しさに”惚れ”て、...(続きを読む)

    4月9日号

  • 高田 賢治さん

    スクールサポーターとして市内の小学生などの見守り活動を続けている

    高田 賢治さん

    70歳

    子どもの笑顔を守りたい ○…元警察官の知識と経験を生かし、市内の幼稚園児や小中高生が安心して学校生活や登下校ができるように...(続きを読む)

    4月2日号

  • 岡田 ユキオさん

    活動5周年の作品展を行う「水彩スケッチ四季」の講師を務める

    岡田 ユキオさん

    羽根在住 66歳

    1枚の絵が人生を変えた ○…川崎市や秦野市などで水彩画の指導を続けて約20年。その教室の1つで秦野市文化会館を拠点に活動す...(続きを読む)

    3月26日号

  • 佐野 友保さん

    公益財団法人ボーイスカウト日本連盟の専務理事を務める

    佐野 友保さん

    今泉在住 74歳

    全ては子どもたちのために ○…「小さい頃は体が弱くって。それで体が鍛えられるって思って…」というのがボーイスカウトに入った...(続きを読む)

    3月19日号

  • 宮戸 美晴さん

    若手フルート奏者として活躍する

    宮戸 美晴さん

    尾尻在住 25歳

    こころに残る演奏めざす ○…「1回1回演奏させていただける機会を大切に、こころに残る音色を届けたい」と少しはにかみながら語...(続きを読む)

    3月12日号

  • 吉田 トシ子さん

    女性視点での防災を普及する「なでしこ防災ネット」の代表を務める

    吉田 トシ子さん

    沼代新町在住 71歳

    いつも柔軟な視点で ○…家庭や地域に密着していることが多い女性の視点で、防災力を高め災害に強いまちづくりを目指す活動は、今...(続きを読む)

    3月5日号

  • 高橋 美智子さん

    北公民館で開催のキルト講座で講師を務める

    高橋 美智子さん

    堀山下在住 67歳

    いつも新鮮な気持ちで ○…本場、アメリカのコンテストなどで高評価を受けるキルトサークル「フラッグキルト」に所属。代表の佐藤...(続きを読む)

    2月26日号

  • 小松 均さん

    第35回障害者による書道・写真全国コンテストで金賞を受賞した

    小松 均さん

    曽屋在住 57歳

    苦労するから写真は楽しい ○…結果発表を知らせる情報誌を開いてみるまでの緊張感。金賞のページには紛れもない自身の写真が。こ...(続きを読む)

    2月19日号

  • 川向 妙子さん

    秦野市の市民体操「はだのさわやか体操」を考案し指導してしている

    川向 妙子さん

    今泉在住 72歳

    楽しさが継続の秘訣 ○…20年以上秦野市民に親しまれる「はだのさわやか体操」。誰でも日常生活の中で取り入れられる全身運動と...(続きを読む)

    2月12日号

  • 赤坂 美保子さん

    県障がい者スポーツ指導者協議会秦野支部の支部長を務める

    赤坂 美保子さん

    寿町在住 70歳

    スポーツで日々を豊かに ○…障害があっても無くても、誰もがスポーツを楽しめる場を作りたい―。その思いから2000年、仲間と...(続きを読む)

    2月5日号

  • 小栁 勇斗さん

    大学レスリング全国大会で3位になるなど活躍する

    小栁 勇斗さん

    秦野市出身 20歳

    「努力無限」の言葉が支え ○…「何か全くのゼロから始めてみたい」と中学2年生から始めたレスリング。東海大学のジュニアチーム...(続きを読む)

    1月29日号

  • 飯田 あや子さん

    秦野市食生活改善推進団体(食改)の会長を務める

    飯田 あや子さん

    三屋在住 68歳

    食の大切さを伝えたい ○…秦野市食改は「私達の健康は私達の手で」「おいしく楽しく健康に」をスローガンに活動するボランティア...(続きを読む)

    1月22日号

  • 嵩(たかし) 賢治さん

    秦野市聴覚障害者協会会長を務める

    嵩(たかし) 賢治さん

    今泉在住 57歳

    明るくアクティブなリーダー ○…「是非この映画をたくさんの方に見てほしいです」と力強い身振りで語り掛ける。全日本ろうあ連盟...(続きを読む)

    1月15日号

  • 半澤 優希さん

    2021年秦野市新成人のつどい実行委員長を務める

    半澤 優希さん

    東田原在住 19歳

    不安なときも前向きに ○…コロナ禍で迎えることになった今年の成人式。先行きが見えず、開催しても良いのか熟考することからのス...(続きを読む)

    1月8日号

  • 栁川 太郎さん

    公益社団法人秦野青年会議所(秦野JC)の2021年度理事長に就任した

    栁川 太郎さん

    尾尻在住 39歳

    優しく成長見守る大黒柱 ○…新たな年、スローガンとしたのは『人財』だ。秦野JCは、20歳から40歳までの責任感と情熱をもっ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 大竹 惠子さん

    色鉛筆画のカレンダー「故郷の色2021」を制作した

    大竹 惠子さん

    鶴巻北在住 51歳

    心に寄り添える絵を ○…故郷の福島県金山町を中心に、色鉛筆で繊細な温かい絵を描いている。今回のカレンダーでは1つの絵を大胆...(続きを読む)

    12月25日号

  • 大谷 康太さん

    今月19日に行われるレスリング天皇杯グレコローマン55kg級に出場する

    大谷 康太さん

    尾尻在住 33歳

    心燃やす現役アスリート先生 ○…精悍な表情、スーツ越しにもわかる鍛え抜かれて引き締まった体つきが、現役アスリートの雰囲気を...(続きを読む)

    12月18日号

  • 串田 浩さん

    秦野商工会議所の専務理事に就任した

    串田 浩さん

    南が丘在住 61歳

    何をやるにも全力で ○…日本の商工会議所は明治11年に日本の資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一翁らが中心となり創設された地域の...(続きを読む)

    12月11日号

  • 田栗 順一さん

    秦野市内を中心に音楽活動を行うバンド「プレイバック'70」の代表を務める

    田栗 順一さん

    戸川在住 70歳

    10年先も音楽届けたい ○…秦野市内を中心に、1960〜70年代の曲を”プレイバック演奏”するバンドのリーダー。35年間の...(続きを読む)

    12月4日号

  • 吉田 大亮(だいすけ)さん

    日本一を目指す東海大学ラグビー部主将を務める

    吉田 大亮(だいすけ)さん

    東海大学4年 22歳

     ○…4月の主将に就任直後からコロナ禍に見舞われ、春は練習できず「不安があった」と吐露。新チーム初の試合は9月の帝京大との練習試合だった。「ボコボコにやられて立...(続きを読む)

    11月27日号

  • 関 健作さん

    気鋭のフォトグラファーとして国内外で活躍している

    関 健作さん

    千村在住 37歳

    被写体の真実 写真で追求 ○…順天堂大学で学びながらハードル選手として活躍。そんな日々の中タイムが伸び悩み壁に当たった時「...(続きを読む)

    11月20日号

  • 林 道弘さん

    秦野スポーツクライミングクラブを立ち上げ会長を務める

    林 道弘さん

    戸川在住 63歳

    人生「まっすぐ直登」 ○…クライミングの原点は子どものころまで遡る。自然豊かな長野県上川村で生まれ育ち、子どものころから急...(続きを読む)

    11月13日号

  • 岡本 靖彰さん

    市内店舗にマスクコードを1000本以上寄贈している

    岡本 靖彰さん

    今泉在住 37歳

    柔軟な発想で未来を作る  ○…本町四ツ角の「麺処よつかど」を経営する。コロナ禍で来店客がマスクを店...(続きを読む)

    11月6日号

  • 鈴木 八重子さん

    渋沢公民館の「木目込み人形教室」の講師を12年前から務める

    鈴木 八重子さん

    渋沢在住 75歳

    みんな違うから面白い ○…渋沢公民館で2006年頃から開かれる教室の講師を12年前に引き継いだ。木目込み人形は、桐塑(とう...(続きを読む)

    10月30日号

  • 松本 亮三さん

    文化財保護強調週間に特別公開を行うはだの大日堂保存会の会長を務める

    松本 亮三さん

    東海大学名誉教授 68歳

    貴重な文化財「今やらねば」 ○…大日堂・不動堂・閻魔堂(十王堂)・仁王門と、その内部に安置された仏像群の維持・保全を行いな...(続きを読む)

    10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第2回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第2回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    5月14日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter