秦野版

トップニュースの記事一覧

  • 市内水泳クラブから4人出場

    Jrオリンピック夏季水泳大会

    市内水泳クラブから4人出場 スポーツ

    東京辰巳国際水泳場で 

     18歳以下の選手が世代の日本一を競う「全国JОCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」(東京辰巳国際水泳場/東京都江東区)が8月22日(水)に開幕する。...(続きを読む)

  • 笑顔のチアで観客を虜に

    FUNKYS

    笑顔のチアで観客を虜に スポーツ

    ベストインプレッション賞を受賞

     秦野市唯一のチアリーディングクラブ「FUNKYS」(椎名李衣(りえ)代表)が7月22日、駒沢体育館で行われた関東大会「USA All Star Challen...(続きを読む)

  • 耐震補強工事が完了

    市役所本庁舎

    耐震補強工事が完了 政治

    事務室移転も終了

     秦野市が2016年から進めていた市役所本庁舎の耐震補強工事が7月末で完了した。これに伴い、仮移転していた市民サービスに関わる担当課の事務室などの移動も8月4日...(続きを読む)

  • 今年も「山モリ」登山イベント

    今年も「山モリ」登山イベント 経済

    8月11・12日、県立秦野戸川公園で

     8月11日「山の日」に関連した登山イベント「山モリ!フェス」((株)山と溪谷社主催)が8月11日(土)・12日(日)午前8時から午後5時、県立秦野戸川公園で開...(続きを読む)

  • 古谷一郎氏県議選へ意欲

    古谷一郎氏県議選へ意欲 政治

    立憲民主党公認予定者に

     立憲民主党神奈川県連合は7月27日、2019年統一地方選挙2次公認候補予定者12人を発表。県議選の予定者に、有限会社なんつッ亭(本社・秦野市)代表取締役の古谷...(続きを読む)

  • マンホールカードを配布

    マンホールカードを配布 社会

    下水道理解目的に8月11日から

     下水道事業に興味を持つきっかけづくりとして配布されている「マンホールカード」の秦野版が配布されることが決まった。8月11日(土)から、6000枚限定で無料配布...(続きを読む)

  • 買物難民救う朝市

    下大槻団地自治会

    買物難民救う朝市 経済

    毎週金曜日に開催

     長く地域住民の生活を支えてきたスーパーの閉店で日々の買物の場所を失った下大槻団地地区。同団地の自治会がその窮状を救うべく、朝市を立ち上げ、団地内やその周辺に住...(続きを読む)

  • 市主導で飲食店誘致へ

    秦野戸川公園レストハウス

    市主導で飲食店誘致へ 政治

    県に管理許可を申請

     現在、空き店舗となっている県立秦野戸川公園(秦野市堀山下1513)のレストハウスについて、秦野市は県から借り受け、市主導で民間の飲食業者を誘致する方針を固めた...(続きを読む)

  • 「陣屋コネクト」に総務大臣賞

    日本サービス大賞

    「陣屋コネクト」に総務大臣賞 経済

    効率化や生産性向上評価

     国内全てのサービス提供事業者を対象にした日本サービス大賞の発表・表彰式が6月28日に行われ、鶴巻温泉の(株)陣屋が自社開発したクラウド型旅館管理シス...(続きを読む)

  • 3カ所で建基法不適合

    市立校ブロック塀

    3カ所で建基法不適合 社会

    全て撤去しフェンス設置へ

     大阪府北部地震で2人がブロック塀の倒壊で犠牲になったことを受け秦野市は、市内の幼稚園と小・中学校の敷地内のブロック塀の調査を行い、3校に建築基準法に適合してい...(続きを読む)

  • 補助率10割に引上げ

    木造住宅耐震診断

    補助率10割に引上げ 政治

    市内耐震化率90%めざし実施

     震度5クラスの地震が頻発している昨今。秦野市では民間住宅の耐震化率向上をめざし、今年度から木造住宅の耐震診断補助率をこれまでの9割から、8万5000円を限度額...(続きを読む)

  • 日立の事業所を取得

    UMCエレクトロニクス

    日立の事業所を取得 経済

    子会社は「UMC・H」に商号変更

     ユー・エム・シー・エレクトロニクス(株)=埼玉県=が7月2日、秦野市堀山下に拠点を持つ(株)日立製作所の子会社「(株)日立情報通信マニュファクチャリング」の株...(続きを読む)

  • 封鎖解除し通行へ

    市道14号線

    封鎖解除し通行へ 経済

     工事終了後の12月末を予定

     秦野市内、堀戸大橋の古墳公園前信号からカルチャーパーク方面に伸びる道路で、市道14号線の一部区間の封鎖が解除されることになった。今年12月末までの開通を予定し...(続きを読む)

  • 縄文後期の中空土偶が出土

    縄文後期の中空土偶が出土 文化

    県内3例目 菩提横手遺跡

     (公財)かながわ考古学財団が6月29日、新東名高速道路建設に伴う秦野市菩提横手遺跡の発掘調査で、約3500年前、縄文時代後期の住居址の覆土から大形の自立する中...(続きを読む)

  • 秦野に「ドンキ」初出店

    秦野に「ドンキ」初出店 経済

    2019年春オープン

     秦野市平沢に総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」(株式会社ドン・キホーテ/東京都目黒区、大原孝治社長)が出店することがわかった。オープンは2019年春を...(続きを読む)

  • 空き巣被害が急増

    空き巣被害が急増 社会

    無施錠窓からの侵入が多数

     秦野市内で空き巣の被害が増加しており、秦野警察署では注意を呼び掛けている。 今年に入ってからの空き巣被害件数は28件(6月24日現在)...(続きを読む)

  • 桜エンジェルスが県制覇

    女子学童野球

    桜エンジェルスが県制覇 スポーツ

    県代表にもメンバー抜擢

     JA共済杯第5回神奈川県女子学童選抜野球大会が5月6日から6月3日まで開かれ、県内から19チームが出場。秦野の選抜チーム「秦野桜エンジェルス」(石井正宏監督、...(続きを読む)

  • 鶴巻温泉駅南口完成へ

    鶴巻温泉駅南口完成へ 経済

    南口改札は23日、広場は26日開通

     2013年から秦野市と小田急電鉄、神奈川県で進められていた鶴巻温泉駅南口周辺整備事業がこのほど完成を迎える。駅舎は6月23日(土)初電から供用を開始、南口広場...(続きを読む)

  • 手づくりの里にホタル舞う

    手づくりの里にホタル舞う 社会

    千村の小野さんが数年かけ整備

     秦野市千村の小野薫さんが、自宅近くの耕作放棄地をコツコツと整備して作った自然体験の場「千村名水サワガニの里」にホタルが舞うようになった。ホタルが見られるように...(続きを読む)

  • 重度知的障害者のアート展示

    重度知的障害者のアート展示 社会

    “言葉にならない想い”表現

     重度の知的障害がある人の言葉にならないメッセージを、アート作品を通じて広く知ってもらおうと、市内でデイサービスやグループホームを運営する(株)秦野インクルージ...(続きを読む)

  • 補正予算に1780万円

    秦野市議会

    補正予算に1780万円 政治

    市道暫定供用などに事業費計上

     秦野市議会第2回定例会が6月7日から始まった。今議会には一般会計補正予算や条例の一部改正、動産の取得など、29議案が上程され、27日(水)までの会期で行われる...(続きを読む)

  • 市道46年ぶりに再編成

    市道46年ぶりに再編成 社会

    認定路線数2,860に

     秦野市の市道が46年ぶりに再編成され、4月1日から路線番号が変更になった。 国の公共測量規定の改正で新しい測量技術のMMS(モービルマ...(続きを読む)

  • 地下水情報を常時見える化

    秦野市

    地下水情報を常時見える化 政治

    水資源保全管理ダッシュボードを公開

     秦野市は市内の地下水情報の見える化を図るため、5月24日に市ホームページ上で「水資源保全管理ダッシュボード」を公開した。水収支や地下水賦存量、地下水位など5つ...(続きを読む)

  • 待機児童数は7人に減少

    待機児童数は7人に減少 政治

    新規6園の開園などで対応

     秦野市はこのほど、2018年の保育所等待機児童数が昨年の49人から大幅に減少し、7人になったと発表した。新規の保育施設の開園や既存施設の整備などで対応したかた...(続きを読む)

  • 119番通報15言語に対応

    秦野市消防本部

    119番通報15言語に対応 政治

    6月から通訳サービス導入

     秦野市消防本部は6月1日から3者間同時通訳サービスを導入し、外国語での119番通報対応を開始する。15言語に対応しており、外国人の通報に対する迅速で正確な救急...(続きを読む)

  • オリジナル婚姻届で祝福

    秦野市

    オリジナル婚姻届で祝福 社会

    桜や時計台を描きPR

     秦野市は、秦野を象徴する桜などが描かれた「オリジナル婚姻届」と書き方を記した冊子「婚姻手続き早わかりBООK ふたりの始まり秦野から」を民間企業と協働で作った...(続きを読む)

  • 市民運営型子育てサロンが始動

    市民運営型子育てサロンが始動 社会

    秦野市内初 鶴巻「ちっちゃなて」

     市内初の市民運営型子育てサロン「ちっちゃなて」が4月に秦野市鶴巻でスタートした。子育てサロンは市町村や法人が運営するのが一般的だが、同サロンは地元住民のボラン...(続きを読む)

  • 久保寺邦夫県議勇退へ

    久保寺邦夫県議勇退へ 政治

    加藤剛氏は自民党1次公認

     秦野市選出の久保寺邦夫県議会議員(自民党・81)が、今期限りで勇退する意向であることが明らかになった。後継に現職市議会議員の加藤剛氏(45)の名が挙がる。...(続きを読む)

  • ベルク出店 計画進む

    ベルク出店 計画進む 経済

    開店時期など詳細は検討中

     旧神奈川県立秦野高等職業技術校(秦野市曽屋)の跡地を所有する株式会社ベルク(大島孝之代表取締役社長、本社/埼玉県鶴ヶ島市)は、関東で広く展開している「スーパー...(続きを読む)

  • 企業誘致に向け一歩

    戸川土地区画整理準備組合

    企業誘致に向け一歩 政治

    2年後の組合設立めざす

     戸川地区(約15‌ha)について産業系の土地利用をめざし、秦野市戸川土地区画整理準備組合が3月に設立された。現在、事業計画の作成に向けて公...(続きを読む)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク