秦野版

トップニュースの記事一覧

  • 手づくりの里にホタル舞う

    手づくりの里にホタル舞う 社会

    千村の小野さんが数年かけ整備

     秦野市千村の小野薫さんが、自宅近くの耕作放棄地をコツコツと整備して作った自然体験の場「千村名水サワガニの里」にホタルが舞うようになった。ホタルが見られるように...(続きを読む)

  • 重度知的障害者のアート展示

    重度知的障害者のアート展示 社会

    “言葉にならない想い”表現

     重度の知的障害がある人の言葉にならないメッセージを、アート作品を通じて広く知ってもらおうと、市内でデイサービスやグループホームを運営する(株)秦野インクルージ...(続きを読む)

  • 補正予算に1780万円

    秦野市議会

    補正予算に1780万円 政治

    市道暫定供用などに事業費計上

     秦野市議会第2回定例会が6月7日から始まった。今議会には一般会計補正予算や条例の一部改正、動産の取得など、29議案が上程され、27日(水)までの会期で行われる...(続きを読む)

  • 市道46年ぶりに再編成

    市道46年ぶりに再編成 社会

    認定路線数2,860に

     秦野市の市道が46年ぶりに再編成され、4月1日から路線番号が変更になった。 国の公共測量規定の改正で新しい測量技術のMMS(モービルマ...(続きを読む)

  • 地下水情報を常時見える化

    秦野市

    地下水情報を常時見える化 政治

    水資源保全管理ダッシュボードを公開

     秦野市は市内の地下水情報の見える化を図るため、5月24日に市ホームページ上で「水資源保全管理ダッシュボード」を公開した。水収支や地下水賦存量、地下水位など5つ...(続きを読む)

  • 待機児童数は7人に減少

    待機児童数は7人に減少 政治

    新規6園の開園などで対応

     秦野市はこのほど、2018年の保育所等待機児童数が昨年の49人から大幅に減少し、7人になったと発表した。新規の保育施設の開園や既存施設の整備などで対応したかた...(続きを読む)

  • 119番通報15言語に対応

    秦野市消防本部

    119番通報15言語に対応 政治

    6月から通訳サービス導入

     秦野市消防本部は6月1日から3者間同時通訳サービスを導入し、外国語での119番通報対応を開始する。15言語に対応しており、外国人の通報に対する迅速で正確な救急...(続きを読む)

  • オリジナル婚姻届で祝福

    秦野市

    オリジナル婚姻届で祝福 社会

    桜や時計台を描きPR

     秦野市は、秦野を象徴する桜などが描かれた「オリジナル婚姻届」と書き方を記した冊子「婚姻手続き早わかりBООK ふたりの始まり秦野から」を民間企業と協働で作った...(続きを読む)

  • 市民運営型子育てサロンが始動

    市民運営型子育てサロンが始動 社会

    秦野市内初 鶴巻「ちっちゃなて」

     市内初の市民運営型子育てサロン「ちっちゃなて」が4月に秦野市鶴巻でスタートした。子育てサロンは市町村や法人が運営するのが一般的だが、同サロンは地元住民のボラン...(続きを読む)

  • 久保寺邦夫県議勇退へ

    久保寺邦夫県議勇退へ 政治

    加藤剛氏は自民党1次公認

     秦野市選出の久保寺邦夫県議会議員(自民党・81)が、今期限りで勇退する意向であることが明らかになった。後継に現職市議会議員の加藤剛氏(45)の名が挙がる。...(続きを読む)

  • ベルク出店 計画進む

    ベルク出店 計画進む 経済

    開店時期など詳細は検討中

     旧神奈川県立秦野高等職業技術校(秦野市曽屋)の跡地を所有する株式会社ベルク(大島孝之代表取締役社長、本社/埼玉県鶴ヶ島市)は、関東で広く展開している「スーパー...(続きを読む)

  • 企業誘致に向け一歩

    戸川土地区画整理準備組合

    企業誘致に向け一歩 政治

    2年後の組合設立めざす

     戸川地区(約15‌ha)について産業系の土地利用をめざし、秦野市戸川土地区画整理準備組合が3月に設立された。現在、事業計画の作成に向けて公...(続きを読む)

  • 中学校給食実施に向け始動

    中学校給食実施に向け始動 教育

    市民、学校関係者らで作る会議発足

     高橋昌和秦野市長の公約の一つ、中学校完全給食実施に向け市民や学校関係者らが集まり方式を検討する「秦野市中学校完全給食推進会議」の第1回会議が4月24日、堀川小...(続きを読む)

  • なんつッ亭古谷氏 政治に意欲

    なんつッ亭古谷氏 政治に意欲 政治

    国政進出視野に始動

     (有)なんつッ亭(本社・秦野市)の代表取締役社長・古谷一郎氏(50)が国政進出を視野に政治団体を発足させたことが本紙の取材で分かった。6月、7月頃を...(続きを読む)

  • タブレット中学に夏導入

    タブレット中学に夏導入 教育

    小学校に続き環境を整備

     ICT教育の環境整備として、今年度の夏頃に秦野市内の中学校全てにタブレット端末が導入される。小学校ではすでに全校に導入されており、タブレットによる連続した教育...(続きを読む)

  • 水無川に泳ぐこいのぼり

    水無川に泳ぐこいのぼり 文化

    28日から掲揚

     5月5日のこどもの日にあわせて秦野市が実施している水無川沿いでのこいのぼり掲揚が、今年も4月28日(土)から始まる。カルチャーパーク前のみずなし川緑地に約20...(続きを読む)

  • 大根地区の拠点開所

    おおねふれあい館

    大根地区の拠点開所 社会

    市内で3カ所目

     大根地区に秦野市内で3カ所目となる地区拠点「おおねふれあい館」(下大槻220の5)が開設された。運営は大根地区新しい街づくり運動推進委員会(和田達藏会長)が行...(続きを読む)

  • JTの研究所が移転へ

    JTの研究所が移転へ 社会

    2019年5月末を目途に

     秦野市名古木のJT(日本たばこ産業株式会社)の安全性研究所が2019年5月末を目途に移転する予定であることが分かった。設備の老朽化に伴うもので、横浜市にある同...(続きを読む)

  • 文化芸術活動に助成

    秦野市

    文化芸術活動に助成 文化

    基金活用し新制度スタート

     秦野市は「文化振興基金」を活用した新たな助成制度を開始する。文化芸術活動を行う個人や団体に対し助成を行うことで、市の文化芸術の向上や普及を目的としており、4月...(続きを読む)

  • くずはの家20周年

    くずはの家20周年 社会

    緑地の生物保全・環境教育に貢献

     自然観察施設くずはの家(秦野市曽屋1137)が今月、20周年を迎えた。同施設は自然保護活動の拠点として「かながわのナショナル・トラスト」緑地指定第1号の葛葉緑...(続きを読む)

  • 新年度組織改編は小規模

    秦野市

    新年度組織改編は小規模

    2課増え69課体制に

     秦野市の新年度がスタートした。今年1月に高橋昌和市長が新たに就任したことで、組織の改編に注目が集まっていたが、2018年度に関しては組織の変更は最小限にとどま...(続きを読む)

  • 上りエスカレーター開通

    秦野駅北口

    上りエスカレーター開通 社会

    全体整備は19年度完了予定

     秦野市が整備を進めている秦野駅北口広場のなかで、4月1日から『ポレスター秦野駅前』(旧大秦ハイツ)前のペデストリアンデッキと上りエスカレーターの供用が開始され...(続きを読む)

  • 鶴巻温泉駅南口に開設

    秦野市連絡所

    鶴巻温泉駅南口に開設 社会

    4月1日オープン

     秦野市は小田急線鶴巻温泉駅南口にあらたに駅前連絡所を整備。4月1日にオープンする。秦野市ではこれまで他の3駅には同施設を開設していて、今回のオープンにより4駅...(続きを読む)

  • 桜のトンネルアートお披露目

    桜のトンネルアートお披露目 社会

    高速バス利用促進で連携

     東名高速道路秦野中井ICの高速バス利用者用駐車場から東名秦野バスストップ(下り)の間にあるトンネル壁面に3月27日、市内小・中学生、高校生が描いた桜のトンネル...(続きを読む)

  • 不二家、中栄信金と契約

    秦野市

    不二家、中栄信金と契約 社会

    2施設のネーミングライツ

     秦野市は株式会社不二家(東京都文京区)と中栄信用金庫(秦野市元町)との間で3月16日、ネーミングライツ契約の締結を行った。カルチャーパーク野球場が「中栄信金ス...(続きを読む)

  • 秦野斎場増築棟が竣工

    秦野斎場増築棟が竣工 社会

    4月1日から供用開始

     老朽化に伴い、増築改修工事を進めてきた秦野斎場(秦野市曽屋1006)の増築棟竣工式が3月17日に行われた(主催/秦野市伊勢原市環境衛生組合)。増築棟は4月1日...(続きを読む)

  • 神輿改修で当時の姿に

    須賀神社

    神輿改修で当時の姿に 文化

    4月7日の例祭でお披露目

     江戸時代に新造された須賀神社(秦野市羽根714)の神輿が大改修され、当時の姿を取り戻した。3月4日に神社に戻り、4月7日(土)に行われる例祭で初披露される。...(続きを読む)

  • 御首塚前で初の野外劇

    御首塚前で初の野外劇 文化

    17・18日『実朝出帆』公演

     野外劇『実朝出帆(さねともしゅっぱん)』が3月17日(土)・18日(日)の2日間、田原ふるさと公園源実朝公御首塚周辺で行われる。神奈川県が進める文化芸術振興の...(続きを読む)

  • 農地維持に向け新たな試み

    農地維持に向け新たな試み 経済

    秦野市で初の体験型農園

     農家が主体となる農業に利用者が参加する、体験型農園「名水湧く湧く農園」(和田農園・市内平沢・和田礼子園主)の4月開園を前に3月3日、利用者説明会を兼ねたプレオ...(続きを読む)

  • 緑十字銀章を受章

    石井さん野沢さん

    緑十字銀章を受章 社会

    交通安全への功績称え

     交通安全活動への長年にわたる功績者へ贈られる交通栄誉章「緑十字銀章」。このほど石井キクヱさん(73・菖蒲)と野沢正男さん(86・新町)が受章し、3月2日に秦野...(続きを読む)

秦野市鶴巻南1-1-5

「都市型スローライフを提案する」…畑付きの賃貸なども展開中!

http://www.kodaka-fudosan.com

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飲食店経営の工夫とは

飲食店経営の工夫とは

6月22日 売上アップセミナー

6月22日~6月22日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク