秦野版 エリアトップへ

コラムの記事一覧

  • 第4回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第4回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    K今回は、渋沢が実業家になる迄の跡を辿ります。10代半ば家業の養蚕、藍問屋業を手伝い商才を発揮。近隣の村を一人で回って藍葉(らんよう)(藍染めの原料)...(続きを読む)

    7月2日号

  • 秦野ぶらり会30周年に寄せて

    特別寄稿

    秦野ぶらり会30周年に寄せて

    会長 石川邦夫

     1991年に発足した歴史散策サークル「秦野ぶらり会」。秦野市内の名所や旧跡を毎月歩き、地元の歴史を学びながら会員交流を行っている。会員数は70人。会...(続きを読む)

    6月25日号

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

     前回の話〜渋沢栄一にとって論語との出会いは大きな意味を持っていた ▼論語で誰でも気づくのは、頻出している”...(続きを読む)

    6月11日号

  • 第2回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第2回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

     栄一が子供の頃から青年時代に従兄弟(尾高惇忠)の家へ論語を習いに通った1キロ程の道は ”論語の道&rdqu...(続きを読む)

    5月14日号

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

     小柄な体ながら超ビッグな人生を送った渋沢栄一。幕末〜明治・大正・昭和へと激動の時代、正に”青天を衝く”勢いで91歳の生涯を駆け抜けた。...(続きを読む)

    4月16日号

  • 「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

    寄稿

    「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

    郷土史家 小泉孝

     桜土手古墳公園内に市民が長い間待ち望んだ秦野の歴史・文化を紹介する場「はだの歴史博物館」が桜土手古墳館からリニューアルして、はや2カ月余りが過ぎよう...(続きを読む)

    1月22日号

  • 秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

    寄稿

    秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

    秦野歴史おこしの会理事長 小泉孝

     例年ですと11月3日の文化の日を挟んで、数日間にわたって市主催の「秦野市指定重要文化財特別公開」が開催されます。ところが今年(令和2年度)はコロナ禍...(続きを読む)

    10月23日号

  • 1

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter