青葉区版 掲載号:2016年10月20日号

「未病を治す」取り組み開始 社会

元気アッププロジェクト

取り組みを紹介
取り組みを紹介
 県が推進する「未病を治す」取り組みをたまプラーザを拠点に展開しようと「あおば元気アッププロジェクト」がスタートした。10月10日には美しが丘の3丁目カフェで、関係者らを招いたキックオフイベントが開催された。

 この取り組みは、「健康への意識の高い青葉区から、健康寿命日本一を目指したい」との趣旨で始まったもの。美しが丘の起業支援センター「まちなかビズあおば」の有志メンバーが中心となり、食、体、心、眠りなどそれぞれが専門とする分野で「未病」にアプローチしていく。たまプラーザ駅前通り商店会、近隣自治会と連携する方針で、2016年度の神奈川県商店街未病を治す取組支援事業に採択されている。

 当日は、プロジェクトの趣旨説明やメンバー紹介のほかそれぞれが進める、健康への取り組みを紹介するブースも設置。筋肉量やミネラルを測定する機械や健康茶の試飲などの体験コーナーも設けられた。同商店会の小松礼次郎会長は「食や運動、社会参加を促進する取り組みを進めていきたい。参加してくれた皆さんには仲間として支えてもらえたら」とあいさつした。

 同プロジェクトでは11月23日に、まちなかビズあおばで体験フェアを開催。ストレス測定や高周波マット体験などを実施予定。

青葉区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/