青葉区版 エリアトップへ

コラムの記事一覧

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

     「自己肯定感」という言葉を聞いたことのある方も多いと思います。自己肯定感は特に幼少期に多くの成功体験を積むことで育まれ、明るく、生き生きと成長するこ...(続きを読む)

    11月25日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

     若い頃、裸眼で遠くも近くもよく見える方は『遠視』の場合が多いです。誤解されやすいのですが、遠視というのはピントが遠くに合うことではなく、光が眼の中に...(続きを読む)

    11月25日号

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「男性に起こりやすい目の病気について」 コラム【4】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

     目の病気の中には、起こりやすさに性差のあるものがあります。前回は、「女性に起こりやすい目の病気」についてお話ししたので、今回は特に「男性に起こりやす...(続きを読む)

    11月11日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第19回「風邪を引かない昔からの知恵をお教えします」

     「寒いね〜」と顔を合わせれば思わず言ってしまう今日この頃ですね。  1、2歳の子どもは体温調節が上手くいかず、鼻水が出...(続きを読む)

    10月28日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

     若い頃からの眼鏡やコンタクトは近視や乱視で使用する方が多いかと思います。元々、眼にはピントを合わせる力(調節力)がありますが、年齢とともに調節力は低...(続きを読む)

    10月28日号

  • 高齢者のアクティブな生き方とは

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

    高齢者のアクティブな生き方とは

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     桐蔭学園は地域連携支援の一環として、あざみ野地域の「認知症の人にやさしい街プロジェクト」に参加している。9月26日に行われた成果イベントは、タウンニ...(続きを読む)

    10月28日号

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

     目の病気の中には、起こりやすさに性差のあるものがあります。今回はその中でも特に女性に起こりやすい病気について説明します。...(続きを読む)

    10月14日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第18回「お子さんと天気の”先読み”をしてみましょう」

     「あきはいいな、すずしくて、おこめが、みのるよ、くだものも、やまから、ころころ、やってくる〜♪」子どもたちが童謡『秋』を楽しそうに歌う季節になりまし...(続きを読む)

    9月30日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

     白内障手術は濁った水晶体を取り出し、新たに人工の眼内レンズを入れる手術で、この眼内レンズの種類や度数の選択次第で術後の見え方が変わってきます。このレ...(続きを読む)

    9月23日号

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

       「お子さんの視力検査について」 コラム【2】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

     毎年学校健診の時期には多くのお子さんが、学校から用紙をもらい眼科受診に来ます。中には、視力検査で引っかかったり、両眼の視線が異なる斜視の疑いがあり受...(続きを読む)

    9月9日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第17回「お家で”お祭りごっこ”をしてみませんか?」

     園庭から聞こえる何だか楽し気な音色に、去り行く夏を惜しんで鳴くセミも思わず鳴き声をひそめました。  「そーれドドンがド...(続きを読む)

    8月26日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

     緑内障の点眼はたくさん種類があり、プロスタグランジン製剤(PG製剤)、β遮断薬、炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)などが代表的で、複数組合せた合...(続きを読む)

    8月26日号

  • 地域課題に共に取り組む教育機関へ

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

    地域課題に共に取り組む教育機関へ

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     学校が地域づくりに関わる話の続きである。桐蔭学園は大学を持つ総合学園ということもあり、社会の急速な変化、問題解決に携わる人びとを支援するために、20...(続きを読む)

    8月26日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.10

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.10

    「へろくり」

     新型コロナウイルス感染拡大防止のための在宅テレワーク。終日家族と一緒に過ごしていると、「ちょっと夕飯の支度を手伝って」とか「洗濯物干してよ」なんて、...(続きを読む)

    8月19日号

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「40歳になったら眼底検査を受けましょう」 コラム【1】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

     皆さま初めまして。梅の木眼科医院の加藤悠と申します。2021年8月より加藤道子先生から院長を引き継ぎました。これからも道子先生と共に地域の皆さまに寄...(続きを読む)

    8月12日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第16回「熱中症対策の水分補給には水道水がおススメです」

     暑い夏がやってきました。保育園では男の園長先生が「梅干しづくり大使」となって、梅雨明けの真夏の太陽に塩漬けの梅を干し始めました。毎年園庭で採れた梅を...(続きを読む)

    7月29日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

     結膜炎は白目の部分である『結膜』に炎症が起こった状態です。結膜炎になると、充血や目ヤニなどの症状が現れます。『うつりますよね?』とよく患者さんに聞か...(続きを読む)

    7月22日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第15回「汗をしっかりかいて、暑い夏を乗り切りましょう♪」

     「ピカッ、ゴロゴロドーン!」。夕べ夜空に雷の音が響きました。もう少しで梅雨明けかなと思ったら、道端のタチアオイが「まだですよ」とささやいていました。...(続きを読む)

    6月24日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第12回『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』

     糖尿病のある方は内科の先生から『眼科も受診してください』と言われたことがあるかと思います。『目の症状も無いのになぜ眼科?』と思われたかもしれません。糖尿病は血...(続きを読む)

    6月24日号

  • 地域社会づくりを担ってきた学校

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

    地域社会づくりを担ってきた学校

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     これまでの連載では、子どもの学びを社会に繋げて学校教育を再構築する話をしてきた。ここからしばらく地域社会に対して学校がどのような役割を担ってきたか、...(続きを読む)

    6月24日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第14回「食べてくれない時は”ママの魔法”を使いましょう♪」

     木々の緑が萌え揃い、特に柿の葉っぱの黄緑色が美味しそう♪ 桜餅、柏餅、よもぎ団子など季節の和菓子をおいしくいただきました。...(続きを読む)

    5月27日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第11回『検診で「視神経乳頭陥凹拡大」といわれたけど、何のこと?』

     目の内側では網膜が1つに集まって『視神経』を作ります。視神経が目から出て脳に向かう所が丸いことから『視神経乳頭』といわれ、この内部の凹みを『乳頭陥凹...(続きを読む)

    5月27日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.9

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.9

    「そそらそっぺ」

     ほっぺが落ちそうなほど甘くて美味しい♪心そそられるスイーツ…ではない。関東で使われていた方言だ。  「こ...(続きを読む)

    5月27日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第13回「赤ちゃんの人見知り泣きは人を信じる本能を育てます」

     入園や入学、入社など4月は新たな始まりの一歩。この時期の保育園の朝は、新入園児たちの微笑ましい大泣きの合唱から始まります。...(続きを読む)

    4月22日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

     目は遺伝要素が強く、親の近視が強いほど、お子さんも近視になる傾向があります。年々増加し、現在は小学生3人に1人は近視で視力1・0未満といわれています...(続きを読む)

    4月22日号

  • 子どもの学びとウェルビーイング

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

    子どもの学びとウェルビーイング

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     アクティブ・ラーニング、探究、個別最適・協働的な学び、GIGAスクール構想、教育のデジタル化など、学校教育における新しい学びが次々に提唱されている。...(続きを読む)

    4月22日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第9回『花粉症の目の痒みの辛さはどうしたら?』

    【目薬について】  目の痒みには抗アレルギー薬点眼が基本です。多くは1日4回ですが、最近2回で効果が続く点眼も登場し、使...(続きを読む)

    3月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第12回「生きる力の基礎は日常生活の中に知恵が」

     保育園ではこの時期、新入児に向けて入園説明会を行います。毎年この時期が来ると、月日が経つのは早いものだなぁとしみじみ思います笑。...(続きを読む)

    3月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第11回「食育は生きる力の基礎を養います」

     先日のニュースで、コロナ禍で自ら命を絶つ若い人が増えていると報道されていました。本当に悲しいことです。  保育園では常...(続きを読む)

    2月25日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

     目薬の使い方には大切なポイントがあります。 【さし方】  真上からポタポタ垂らすと上手く...(続きを読む)

    2月25日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

青葉区版の関連リンク

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook