青葉区版 エリアトップへ

学校と社会をつなぎ直すの記事一覧

  • 地域課題に共に取り組む教育機関へ

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

    地域課題に共に取り組む教育機関へ

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     学校が地域づくりに関わる話の続きである。桐蔭学園は大学を持つ総合学園ということもあり、社会の急速な変化、問題解決に携わる人びとを支援するために、20...(続きを読む)

    8月26日号

  • 地域社会づくりを担ってきた学校

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

    地域社会づくりを担ってきた学校

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     これまでの連載では、子どもの学びを社会に繋げて学校教育を再構築する話をしてきた。ここからしばらく地域社会に対して学校がどのような役割を担ってきたか、...(続きを読む)

    6月24日号

  • 子どもの学びとウェルビーイング

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

    子どもの学びとウェルビーイング

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     アクティブ・ラーニング、探究、個別最適・協働的な学び、GIGAスクール構想、教育のデジタル化など、学校教育における新しい学びが次々に提唱されている。...(続きを読む)

    4月22日号

  • GIGAスクール構想の始動

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

    GIGAスクール構想の始動

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     3月末までに全国の小中学校の子どもたちに、1人1台のPC・タブレット等「端末」を支給するGIGAスクール構想が進行している。ゲームやSNS等ではIC...(続きを読む)

    2月25日号

  • リモートで落ちる人の社会性

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【12】

    リモートで落ちる人の社会性

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     リモートが人々の仕事や生活を変えようとしている。しかしリモートが主になりすぎると人の社会性は落ちることを知っておかねばならない。...(続きを読む)

    12月17日号

  • ICT機器は文房具である

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【11】

    ICT機器は文房具である

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     コロナ禍を通して世界的に露見した、日本の学校教育の貧弱さの1つはPC・タブレット等端末のICT利用である。  OECD...(続きを読む)

    11月12日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     前回「求められる子どもの主体性(1)」では、学校で子どもは、与えられる枠組みの中で自ら進んで課題に取り組むという「主体性」が求められることを話した。...(続きを読む)

    10月15日号

  • 求められる子どもの主体性(1)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【9】

    求められる子どもの主体性(1)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

     コロナ禍を通してオンライン教育を含めたハイブリッドな学びが進む。この流れは、子どもにこれまで以上の主体的な学びを求めるものである。今回は(1)として...(続きを読む)

    9月17日号

  • 1

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook