旭区版 掲載号:2014年1月1日号

ボストン・レッドソックスの投手としてワールドシリーズを制覇した

田澤 純一さん

横浜商大高(白根)出身 27歳

「崖っぷち魂」いつも胸に

 ○…アマチュア球界からメジャーリーグ入りして5年目。野球発祥の地で地区優勝、リーグ制覇を経てワールドシリーズに出場し、30球団の頂点に輝いた。常に出番を想定し、急場のピンチを救う中継ぎ投手として、4月からポストシーズンを含み自己最多の84試合、75回(イニング)あまりを投げ抜いた。「いつマイナー落ちするか分からない緊張感の中、自分の役割をこなして結果を出せた」

 ○…流行りに乗じ、小学3年生のころサッカーから野球に乗り替え、地元神奈川区の三ツ沢ライオンズへ。投手を始めたのは「バッティングが悪くて、投げてる方が怒られなかったから」。市立松本中学校の野球部でも、友達と楽しむ感覚だった。部員が150人を超え「初めて野球の厳しさを知った」という横浜商大高校では、走り込みと基礎練習にひたすら汗を流した。2年夏、甲子園に出場したが補欠で登板はなく、翌年は県ベスト4。「目立ったことはなかったんで」と控えめだ。

 ○…「のらりくらり歩んできたけど、節目でいい出会いに恵まれた」。高校卒業後も野球を続けようと、新日本石油に就職。入部3年でプロのドラフト候補にも名を連ねたが、元プロ選手の大久保秀昭監督、投手コーチの勧めもあって残留。「この1年のおかげで渡米という選択肢が増えた。2人にはすごく感謝してる」。翌年、都市対抗野球で優勝し、最優秀選手にあたる橋戸賞を受賞。米レッドソックスの育成方針に惹かれ、新たなプロの道を切り拓いた。

 ○…オフは横浜で過ごすことが多く、「地元の友達とご飯行ったり。帰ってくるとホッとする」。試合前によく聴く、横浜ゆかりの音楽グループ「クリフエッジ」の意味は「崖っぷち」だ。「僕も同じかな。野球人生だっていつ終わるか分からない」。2010年は右肘の大手術で離脱したが、翌年に復帰を果たした。「振り返ればいい1年だった」。笑ってそう思える経験を一つずつ重ねて、ただ前を向く。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月19日号

飯田 聖美 さん

横浜少年少女合唱団の指揮者を務める

飯田 聖美 さん

1月5日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月1日号

遠藤 昇さん

横浜西部工業会会長を務める

遠藤 昇さん

12月15日号

園田 邦夫さん

旭マジッククラブの会長を務める

園田 邦夫さん

12月8日号

勝見 洋介さん

剣道の「第64回全日本選手権大会」で初優勝を果たした

勝見 洋介さん

12月1日号

関連記事(ベータ版)

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/