中区・西区版 掲載号:2017年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

飲食店の女将の魅力を伝えるフリーペーパー「女将旅」を創刊した 田村 由希絵さん 西区藤棚出身 49歳

女将の魅力を伝えたい

 ○…居酒屋経営の傍ら、知り合った仲間と共にフリーペーパー「女将旅」を2016年11月に創刊した。5千部発行した紙面は近隣飲食店やホテル、JR石川町駅などに配置され、すぐになくなったという。「まずは横浜の女将の魅力を発信して、それから全国の女将さんの魅力を伝えていければ」と笑顔で語る。

 ○…西区藤棚の出身。藤棚商店街にある「タムラ靴店」の長女で、「商店街の人と家族のように一緒にご飯を食べたりするのが当たり前だった」と懐かしむ。デザインの専門学校を卒業後、都内の広告会社でグラフィックデザイナーとして数々の大手企業を担当した。10年前に5年以内の生存率30%というステージ4の中咽頭がんを患い、「闘病中は一年くらい食事もまともにとれなかった」経験から、「食事という当たり前のことを大切にして、支えてくれた人に恩返しがしたい」と飲食業の道へ進む。周囲の反対を押し切り、昼は会社で働き夜は関内にある幼馴染みの飲食店で修業する生活を約3年続けた。

 ○…11年に「愛嬌酒場えにし関内店」をオープン。「関内のお客さんは紳士・淑女だったから」と、関内で店を開いた理由を語る。様々な業種の人と繋がり、皆で飲んでいる中で「女将にスポットを当てた今までにないフリーペーパーを作ろう」という話が持ち上がり、その翌週にはデザイナーや弁護士、カメラマンなどからなる実行委員が結成され、自身は委員長を務めスポンサー集めに奔走した。

 ○…「がんにかかって死を意識したときに、息子に人の縁を残したいと思った」と、女手一つで育てた一人息子への思いを語る。母の背中を見て育った息子は、大学生ながら世界各地を旅してまわり、世界中の人々との縁を大切にする青年になった。「ライバルじゃないけど、お互いにいい刺激になっていると思う」とほほ笑む。今後も縁を大切にしながら、多くの女将の魅力を伝えていく。

中区・西区版の人物風土記最新6件

青木 宏一郎さん

今月90周年を迎えたホテルニューグランドの総支配人を務める

青木 宏一郎さん

12月14日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月7日号

植原 将之さん

山手のロイストン室内楽団団長を務める

植原 将之さん

11月23日号

出川 進さん

来日直後の子のための日本語支援拠点施設「ひまわり」で“校長”を務める

出川 進さん

11月16日号

坂内 誠さん

3日に創業50周年を迎えた関内駅前にある「セルテ」の舵をとる

坂内 誠さん

11月9日号

奥井 利幸さん

まちづくり団体「野毛坂グローカル」の代表を務める

奥井 利幸さん

11月2日号

フォンテーヌ クチュール

12/13~15 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ロビーでグラスアート展

関内の横浜信金本店

ロビーでグラスアート展

横浜出身の野口真里さん

11月27日~12月27日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク