南区版 掲載号:2015年12月3日号

硬式野球チーム

南ボーイズから初のプロ スポーツ

望月投手、阪神入団へ

花を持つ望月投手(左)と後藤監督
花を持つ望月投手(左)と後藤監督
 中学生の硬式野球チーム横浜南ボーイズ(大谷剛正会長)出身で金沢区にある横浜創学館高校の望月惇志投手=人物風土記で紹介=が阪神タイガースからドラフト指名を受け、11月16日、同球団と仮契約を結んだ。創立13年の南ボーイズから初のプロ選手が誕生する。

 望月投手は港南区芹が谷に住む。身長188cmの長身から投げ下ろすストレートが持ち味で、10月のドラフト会議で阪神タイガースから4位指名を受けた。憧れる藤川球児投手が活躍した球団でもあり、望月投手は「縁を感じる。直球の質を追い求めたい」とプロの舞台での活躍を誓う。

 望月投手が中学時代に所属した横浜南ボーイズの後藤均監督は、愛弟子のドラフト指名をチームの練習先で聞いた。全国大会ベスト16の実績を誇る同チーム。創立13年で出身選手が初めてプロ入りすることに「本当に嬉しくて選手たちと一緒に喜んだ」と目を細める。

ピンチでも笑顔

 後藤監督によると、南ボーイズ入団当初は線が細く、目立つ選手ではなかったという。それでも、常に全力で練習に取り組む姿勢と楽しそうにプレーする姿が指揮官の目に留まった。

 中学2年の秋にはエースに成長。県大会決勝戦では、湘南クラブボーイズと対戦。後に東海大相模高に進み、今夏の甲子園を制した小笠原慎之介投手に投げ勝った。後藤監督は「特別良い球を持っていたわけではないが、ピンチの時も落ち着いていた。味方がエラーをしても笑顔で声を掛ける。今までそんな選手はいなかった」と振り返る。

 阪神との仮契約翌日、弘明寺駅近くの焼肉店で望月投手と食事をした後藤監督は「見違えるほどたくましくなった。厳しいプロの世界だが一流になってほしい」と縦じまのユニフォームでの活躍に期待した。

南ボーイズ時代の望月投手
南ボーイズ時代の望月投手

南区版のトップニュース最新6件

「緊急避難場所」を指定

横浜市

「緊急避難場所」を指定

1月19日号

「障害者スポーツ知って」

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

運転免許返納者が4割増

南区内65歳以上

運転免許返納者が4割増

1月12日号

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月5日号

「顔の見える関係が財産」

大木区長インタビュー

「顔の見える関係が財産」

1月5日号

関連記事(ベータ版)

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「民主主義の大切さを」

「民主主義の大切さを」

9月2日に平和フェスタ

9月2日~9月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/