鶴見区版 掲載号:2017年3月16日号

震災6年、鶴見から復興祈る 社会

区民、總持寺ら 祈念企画

全国クラスの合唱を披露した安積黎明高
全国クラスの合唱を披露した安積黎明高

 東日本大震災の発生から丸6年を迎えた3月11日、大本山總持寺で7回忌慰霊法要と復興祈念イベント「祈りの夕べ」が開かれた。

 法要は今回が7回忌となったことから、はじめて横浜市仏教連合会と共催で実施。祈りの夕べは、区民と鶴見区文化協会、同寺を中心とした実行委員会形式で、5回目となった。

 当日は、祈念コンサートとして、潮田中マーチングバンド部、福島県立安積黎明高校合唱団、浄土真宗教恩寺住職でシンガーソングライターのやなせななさんが出演。復興の思いを込めた歌や演奏に、涙を流す人の姿もあった。

 法要で導師を務めた總持寺貫主の江川辰三禅師は、「今も被災地には問題や不安がある。絶えず互いに協力することが大事。支え合うところに道は開ける」とあいさつ。貫主就任1カ月前に起こった大災害を「常に忘れられない出来事」とし、被災地に思いを寄せた。

被災地へ鐘の音を

 總持寺はこのほど、境内三門横の丘の上、平成救世観音像の横に、「祈りの鐘」を建立。同日、竣工法要と鳴らし初めがあった。

 特に被害の大きかった岩手・宮城・福島の被災三県を思い、三基設置された鐘は、来山者が自由に鳴らすことが可能。同寺は「鐘の音が被災地に伝わり、安らぎになれば」と話している。
 

設置された「祈りの鐘」
設置された「祈りの鐘」

関連記事powered by weblio


6/27くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

鶴見区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/