宮前区版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

宮山スポーツプラザの館長に就任した 清水 義久さん 区内在勤 43歳

縁の下の”マルチな”力持ち

 ○…野川の民間体育館「宮山スポーツプラザ」の館長に10月1日付けで就任した。企業の社員向け体育館は目にするが、「地域の交流拠点」という地域貢献も目的とした珍しい私設の体育館。運営する(株)宮山の亀ヶ谷修代表から「オープンから試行錯誤を重ねて4年が経過。新しいパートナーを迎え入れて、これまで以上にサービス向上をめざしたい」と館長を任された。「まずは裏方としてスタッフが気持ちよく働ける環境、利用する皆さまが気持ちよく使える環境を整えていきたい」と抱負を語る。

 ○…「川崎市スポーツ協会」の職員として各種団体と交流を図り、様々なスポーツ教室の運営に携わってきた。その前は「とどろきアリーナ」の施設管理に従事。これまで培ってきた経験が館長として活かされる。「施設の修繕やメンテナンスというハード面、スポーツ協会との関係を活かしたソフト面。この両面で『縁の下の力持ち』として地域に愛される施設にしていきたい」。スポーツ一色の人生ではない。大学卒業後は秋葉原のPCショップに就職という、スポーツとは全く畑違いの職歴も持つ。

 ○…相模原市在住。小学6年間と高校3年間は剣道、中学3年間は柔道に熱中した。高校時代の剣道公式戦で勝ち星はゼロ。しかし、高校3年時に先生から誘われて出場した柔道の市民選手権で2位に。「柔道の方が才能あったのかも。入る部活を間違えた」と笑う。人懐っこい笑顔が印象的だ。スポーツ協会で担当した記録写真がきっかけでカメラが趣味に。先日の多摩川国際マラソンではカメラマンを務めた。

 ○…体育館の運営はいまだ厳しい状況で、今後の展開に頭を巡らせる。「自分に課せられた使命は新しい風を吹かせ、プラスの要因をつくること。世代間の交流、スポーツの種類の幅も広げていきたい。東京オリンピック、パラリンピックも視野に入れて川崎市と連携していきたい」

宮前区版の人物風土記最新6件

岩永 浩二さん

音楽プロデューサーの傍ら障害者が芸術にふれあう活動を続ける

岩永 浩二さん

12月8日号

奥津 茂樹さん

若い世代の応援を目的とする「さくら坂スタジオ」の管理人を務める

奥津 茂樹さん

11月24日号

朝比奈 光暉(こうき)さん

聖マリアンナ医科大学で学園祭「聖医祭」の実行委員長を務める

朝比奈 光暉(こうき)さん

11月17日号

小泉 博司さん

市内を中心に農園フェスや農業サミットを仕掛ける

小泉 博司さん

11月3日号

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した川崎ドリームの代表を務める

下村 弘孝さん

10月27日号

今福 優子さん

12月に東京で初の個展を開く色鉛筆画家

今福 優子さん

10月20日号

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「楽しく知ろう」子どもの権利

宮前市民館

「楽しく知ろう」子どもの権利

12月16日 親子イベント

12月16日~12月16日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク