多摩区版 掲載号:2017年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

長沢商店会

認知症 支える店づくりを

社会

9店舗がサポーターに

講座に参加した商店主ら
講座に参加した商店主ら
 長沢商店会が今月21日、認知症の人やその家族を支えるボランティア「認知症サポーター」の養成講座を長沢ひろばで開催した。商店会主催による事例は珍しく、区内では初という。美容室や介護施設、酒屋など多業種におよぶ9店舗の店主や民生委員ら20人が参加し、認知症への理解を深めた。

 認知症の来店客への対応などについて知ろうと開かれた今回の講座。区内各地で講座を開いているキャラバン・メイト「たまのわ」のメンバーを講師に招き、認知症の人と接する際の心構えや認知症の予防などについて学んだ。参加者らは「昔ながらの商店は顔見知りでお客さんに声掛けしやすい利点がある」「お金に関する対応の仕方は難しい」などと意見を交わした。

 参加者にはサポーターの証となるオレンジリングと店舗に掲示できるステッカーが配られた。企画した同商店会の高橋弘幸さんは「皆で認知症について考えていくきっかけになれば」と話した。原山修会長は「自分たちのためにもお客さんのためにも活用していきたい」と話していた。

 同席した区地域みまもり支援センターの担当部長は「長沢商店会は以前から子育て支援にも取り組んでくれている。子どもから高齢者まで安心できるまちづくりを」と期待を寄せた。

 川崎市では現在、人口の約3%にあたる4万3千人が認知症サポーターおよびキャラバン・メイトになっている。

店舗に張られたステッカー=同会提供
店舗に張られたステッカー=同会提供

関連記事powered by weblio


多摩区版のローカルニュース最新6件

体育の日に2700人

スポセン

体育の日に2700人

10月20日号

「食の祭典」雨天決行

アナウンスで犯罪抑止へ

日本女子大

アナウンスで犯罪抑止へ

10月20日号

女子バスケ試合に招待

森で楽しむアート

森で楽しむアート

10月20日号

区画整理地区で催し

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク