中原区版 掲載号:2014年6月20日号

寄稿

県民税を取り戻せ

前神奈川県議会議員 徳安(とくやす)ひさよし

 サラリーマンの皆さんには、近々支給の給料明細に住民税額の明細が同封されます。よく見ていただくと納付先が川崎市だけではなく、神奈川県にも納付されていることがわかります。税率は所得に対して10・025%。その内訳は、神奈川県に約40・15%、川崎市に約59・85%です。

 県議現職時に、サービスの提供という面で、川崎市に神奈川県からどれくらい分配されているか、本会議で一般質問しましたが、財政当局の回答は算定不能というものでした。

 収入面から見ると、川崎・横浜・相模原市という政令市から県民税全体の約3分の2が徴収されています。県土全体からみれば狭いエリアから県民税の大半が徴収されており、県土全域に再分配することを考えると、徴収された分に相応するサービスが政令市の県民に提供されていないことは直感的にもわかります。

 他にも格差があり、その一つの事例としては、小児医療費助成事業(小児医療費無償)に対する県の補助率があります。補助率は、政令市が4分の1である一方、一般市町村は3分の1という格差です。政令市も一般市なみの助成を受けることができれば、川崎市における小児医療費無償の更なる年齢引き上げが可能かと思われます。

 既に行政システムでは県と同等の立場にある川崎市(政令市)が税制面でも独立すれば、市民から徴収される県民税相当分をも含んだ税金を川崎市内で公平に分配できます。それを可能にする大都市制度という自治制度の改革推進に取り組んでまいります。 
 

徳安久是

中原区市ノ坪66-5

TEL:044-722-3036

http://

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「なかミュー」、3月に上映

「なかミュー」、3月に上映

1月27日からチケット販売

3月10日~3月11日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク