中原区版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

中丸子南緑道緑を守る会で長年、緑道の整備に尽力する 浦野 昭志さん 中丸子在住 90歳

人の縁、草花でつなぐ

 ○…「全国花のまちづくりコンクール」で奨励賞を受賞した「中丸子南緑道緑を守る会」。手入れされた花壇だけでなく、保育園や小学校の体験学習の場にもなっており、自立した活動と地域コミュニティの活性化への取り組みが評価された。「最高にうれしい。近頃は会にとっていいことばかり。緑道にいる神様の仕業じゃないかって思うよ」と顔がほころぶ。

 ○…2代目会長として長年尽力し、現在も最年長メンバーとして活動。周囲からは「縁の下の力持ち」のような存在と言われることもある。不法投棄などもある荒れ放題だった緑道を、1998年から初代会長と共にボランティアで整備。季節ごとに草花が咲く現在の中丸子南緑道の礎を作った。「100種類の花を咲かせようとしたり、通る人全員にあいさつしてみたり。いろんなことに挑戦したね」と目を細める。今では作業中、通行人などさまざまな人から声を掛けられるほどに。「皆からありがとうと言われると、ドキンときちゃうね」

 ○…長野県出身。稼業の農業を手伝っていたが、終戦で兄が戻ったのを機に20歳で上京。区内に本社を構えた化粧品や日用品の問屋の営業として働く、自他ともに認める会社人間だった。70歳まで勤務した後1カ月と待たず、妻の勧めで緑道の作業を手伝うように。「今思えば、農業に対する憧れがあったのかもしれない」。土いじりがもともと好きで、農業を継ぐために通った学校の知識も役に立った。「今は天気なら半日は緑道にいる。家にいると家内に心配されちゃうんだよ」

 ○…「活動を続けていられるのは、現会長や周りのメンバーのおかげ。感謝しかない」と、どこまでも謙虚な姿勢を崩さない。人員不足のボランティア団体が多い中、同会は今年、メンバーが6人も増えた。「すごい社会人経験を持った人が集まってくれて会が大きくなった。人に恵まれたね。皆から元気をもらってるよ」

中原区版の人物風土記最新6件

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月24日号

伊藤 紅華(こうか)さん

川崎市茶華道協会の理事長として伝統文化の伝承に努める

伊藤 紅華(こうか)さん

11月17日号

齋藤 正夫さん

中原区老人クラブ連合会の会長として、高齢者の地域活動を支える

齋藤 正夫さん

11月10日号

大矢 紀さん

川崎市市民ミュージアムで3日から作品展「大地の輝きを描く」を開催する

大矢 紀さん

11月3日号

内海 陽雪(ようゆき)さん

中原区文化祭を主催する中原文化協会の会長を務める

内海 陽雪(ようゆき)さん

10月27日号

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した川崎ドリームの代表を務める

下村 弘孝さん

10月20日号

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク