川崎区・幸区版 掲載号:2017年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

ペストコントロール災害時、害虫駆除担う県協会 川崎市と協定

社会

活動内容について話す山口会長(中央)、理事の山川朗さん(左)
活動内容について話す山口会長(中央)、理事の山川朗さん(左)
 有害生物の駆除等を行う専門技術者で組織する「公益社団法人神奈川県ペストコントロール協会」(山口健次郎会長)が今月、川崎市と災害時の防疫活動に関する協定を締結。9日に福田紀彦市長と協定書を交わした。

 同団体にはネズミや蚊、ゴキブリなど人間にとって厄介な生物を指す「ペスト」に対し、防除や感染症対策を行う消毒業者などが加盟。今回の協定により、市内の災害時に被災場所の衛生管理や、感染症の発生、拡散防止を目的に、市が消毒や害虫駆除のため出動を要請することができる。

 災害時の協定は県内で横浜市、愛川町に次いで3地区目。山口会長は「県民の安全を守るために、感染症予防について何かあれば駆けつける体制を整えておく」と強調。福田市長は「梅雨や夏季に大きな災害が起きたら、感染症など二次災害への対応が重要」と協力を呼びかけた。

 同団体は東日本大震災の発生直後に宮城県や岩手県に入り、ハエ駆除に尽力。当時、現地で活動した山口会長は「気仙沼市では(漁港などの)冷蔵庫が沿岸に流されており、電気が遮断されたまま魚があふれ、ハエが大量発生していた。ゴミも分別できなくなるため、衛生状態が悪くなる」と振り返り、感染症予防の重要性を訴えた。

 県協会は全国約900社による日本ペストコントロール協会の神奈川地区の組織にあたり、県内77社、川崎市内13社が加盟する。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

深瀬家長屋門を特別公開

11月25日

深瀬家長屋門を特別公開

11月17日号

「ふろん太」らが親善大使に

川崎商工会議所

「ふろん太」らが親善大使に

11月17日号

臨港バス運賃無料に

19日

臨港バス運賃無料に

11月17日号

中大生、盛り上げに協力

アンプティサッカー選手権

中大生、盛り上げに協力

11月10日号

川崎署に啓発曲を提供

かわさきジャズ成功誓う

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク