さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

決め手欠き、沼津にドローSC 残り4戦一桁めざす

スポーツ

 SC相模原は5日、J3第30節・アスルクラロ沼津戦に挑み0対0で引き分けた。SCは今節を終え11位につける。

 前節、安永聡太郎監督が「今シーズンのベストパフォーマンス」と評するプレーを演じ、富山に逆転勝利を収めたSC。リーグ1位の得点数を誇る沼津相手に勝利をめざした。

 試合は前半から沼津ペース。前線へのロングボールを何度も送られ必死に跳ね返すも、その後のボールを奪えず相手陣内へ攻め込めない。相手も決定力を欠いたこともあり、両者無得点で試合を折り返す。

 後半、SCは両サイドからのクロスを中心に反撃を開始。チャンスを演出し、相手の攻撃も最後のところで凌ぐ。しかし、最後のシュートの精度を欠き両者痛み分けとなった。

 SCは26節以降、引き分けを挟み5戦負けなしとチーム状態は良好。今季の残り4戦で一つでも多くの勝ち点を積み上げ、一桁順位をめざす。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク