さがみはら中央区版

トップニュースの記事一覧

  • 過去最大3024億円に

    2019年度当初予算案

    過去最大3024億円に 経済

    子育てや教育、福祉に重点

     相模原市は12日、2019年度当初予算案を市議会に提出した。一般会計は前年度当初比3%増の3024億円で予算規模は4年連続で拡大し、過去最大。子育て支援や福祉...(続きを読む)

  • 現職と新人、5人が出馬へ

    相模原市長選

    現職と新人、5人が出馬へ 政治

    97年以来、激戦の様相

     任期満了に伴う相模原市長選(3月24日(日)告示、4月7日(日)投開票)の動きが活発化している。現時点で現職・新人合わせ5人が出馬の意向を表明しており、激戦の...(続きを読む)

  • 日本フライ級、新王者に

    プロボクサー中谷潤人さん

    日本フライ級、新王者に スポーツ

    9回TKOで18連勝

     緑区・大島在住のプロボクサーで、日本フライ級1位の中谷潤人選手(21)=M.Tボクシングジム所属=が2日、後楽園ホールで行われた同級日本王座決定戦で、同級2位...(続きを読む)

  • LINE相談を実証実験

    相模原市

    LINE相談を実証実験 社会

    AIが回答 運用へ調査

     市は2月から、スマートフォンアプリ「LINE」を通じた対話型案内サービスの市民向け実証実験を開始した。AI(人工知能)が行政の手続きや制度などの質問に答えるも...(続きを読む)

  • 地域経済、一翼担い半世紀

    相模原商工会議所青年部

    地域経済、一翼担い半世紀 社会

    記念式典、イベントも開催

     「相模原商工会議所青年部」(長谷川明会長)は、同会議所会員のうち45歳以下の経営者らで構成される青年経済団体として、ビジネス研修や他団体との交流事業などを通じ...(続きを読む)

  • SC、元代表稲本を獲得

    SC、元代表稲本を獲得 スポーツ

    昇格の起爆剤に期待

     地元サッカークラブ・SC相模原は23日、元日本代表MFの稲本潤一選手がJ1・北海道コンサドーレ札幌から完全移籍したことを公式HPで発表した。A代表や海外での経...(続きを読む)

  • テロ対策で初の図上訓練

    テロ対策で初の図上訓練 社会

    市、五輪キャンプなど想定

     今年9月に開催されるラグビーワールドカップ(W杯)や2020年東京五輪などを見据え市は23日、テロ対策としては初となる図上訓練を行った。同訓練は市内3カ所での...(続きを読む)

  • 市、進学・就職の支援強化

    社会的養護事業

    市、進学・就職の支援強化 社会

    学習費用など給付面を充実

     市は子どもの貧困対策の一環として、児童養護施設などで生活する子どもに自立支援を行う、「社会的養護自立支援事業」の関連予算案を市議会3月定例会議に提出する。今回...(続きを読む)

  • 中学に「部活動指導員」配置

    相模原市教育委員会

    中学に「部活動指導員」配置 教育

    来年度 教員の負担軽減へ

     教員の長時間勤務が全国的に問題となる中、市教育委員会(市教委)は来年度から部活動の大会や試合の引率を単独で行える「部活動指導員」(以下指導員)の配置を市内の一...(続きを読む)

  • 医療少年院、3月末で閉庁

    医療少年院、3月末で閉庁 社会

    小山での41年 移転で幕

     区内小山にある神奈川医療少年院(澁谷伊織院長)が今年3月末で閉庁する。これに伴い、10日には式典「さようなら神奈川医療少年院ありがとう相模原」が開催され、同施...(続きを読む)

  • パラ種目体験広がる

    市内小中学校

    パラ種目体験広がる スポーツ

    市、促進事業を拡大へ

     2020年東京オリンピック・パラリンピックへの機運醸成と共生社会の重要性を学ぶことを目的としたパラ種目体験が市内小中学校で広がりを見せている。市は昨年からパラ...(続きを読む)

  • シニアと女性の活躍応援

    黒岩知事インタビュー

    シニアと女性の活躍応援 政治

     年頭にあたり、本紙では黒岩祐治知事に単独インタビューを行った。黒岩知事は人生100歳時代に向けた取り組みや女性の活躍などについて意欲的に語った。(聞き手・露木...(続きを読む)

  • 重工 悲願のTL昇格

    重工 悲願のTL昇格 スポーツ

    織機下し12季ぶり歓喜

     ラグビー・トップリーグ(TL)の入替戦が12月23日に各地で行われ、三菱重工相模原ダイナボアーズが豊田自動織機シャトルズを31対7で下し、2006-07シーズ...(続きを読む)

  • 堅実経営で「平成」乗り切る

    相生片桐孝子社長

    堅実経営で「平成」乗り切る 社会

    夫の思い継ぎ、猛進の25年

     相生で不動産業を営む片桐孝子(よしこ)さん(80)は前社長の夫の遺志を受けて25年にわたり社業に従事し、所属協会からもその功労を称えられている一人だ。厳しい不...(続きを読む)

  • 成人式で振り返る「平成」

    成人式で振り返る「平成」 文化

    元年はビンゴやショーも

     大人としての第一歩を祝う成人式・はたちのつどいが1月14日(月)、相模原市民会館ほかで開催される。平成最後を飾る一方、元年の式典ではバブル期を彷彿とさせる豪華...(続きを読む)

  • 史上最強軍団、準備は万端

    青山学院大学

    史上最強軍団、準備は万端 スポーツ

    狙うは偉業「3冠5連覇」

     1月2日(水)・3日(木)に開催される「第95回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(関東学生陸上競技連盟主催)。中央区淵野辺のキャンパスを練習拠点とする...(続きを読む)

  • 相模原と宇宙つなぎ30年

    JAXA宇宙科学研究所

    相模原と宇宙つなぎ30年 社会

    地域に開く「知の財産」

     JAXA宇宙科学研究所は、平成がはじまる1989年に東京から現在の相模原キャンパス(中央区由野台)に移転した。その日から今日までの30年、地域に根ざし、宇宙の...(続きを読む)

  • 新マンホールカード作成

    相模原市

    新マンホールカード作成 経済

    2作目、図柄は相模湖由来

     相模原市は12月14日から、市内で2種類目となる新しい「マンホールカード」の配布を開始した。このカードにデザインされているマンホールは、旧相模湖町の...(続きを読む)

  • 防犯カメラ設置を促進

    相模原法人会

    防犯カメラ設置を促進 社会

    市内4署と協定締結

     公益社団法人相模原法人会(新倉裕会長)と相模原警察署、相模原南警察署、相模原北警察署、津久井警察署の4署がこのほど、防犯カメラの設置促進をはじめとする地域の安...(続きを読む)

  • 200Kmのトレランを計画

    北丹沢山岳センター

    200Kmのトレランを計画 スポーツ

    3年後の開催を目指す

     緑区小渕のNPО法人北丹沢山岳センター(以下北丹沢センター、杉本憲昭理事長)が、神奈川、東京、山梨を横断する200Km超のトレイルランニングレース(以下トレラ...(続きを読む)

  • 中学生、区長らと「サミット」

    光が丘地区

    中学生、区長らと「サミット」 教育

    自転車、防犯に闊達な意見

     光が丘地区で3日、同地区の中学生らが区長や警察署員と地域の課題について意見交換を行う「まちづくりサミット」が開催された。生徒らが直接、市や行政機関へ意見する機...(続きを読む)

  • 完封勝ちで幕「夢のよう」

    川口能活選手引退試合

    完封勝ちで幕「夢のよう」 スポーツ

    最後まで好守で観客魅了

    「相模原の声援、忘れない」 元日本代表で、J3の地元サッカークラブSC相模原のGK川口能活選手が2日、鹿児島ユナイテッドF...(続きを読む)

  • 2歳児一時預かり開始

    市内の一部幼稚園

    2歳児一時預かり開始 社会

    来春から 待機児減へ期待

     相模原市はこのほど、来年4月から希望する一部の市内の幼稚園で、2歳児の一時預かり事業を新たに開始することを発表した。市は増加の一途をたどる保育需要の新たな受け...(続きを読む)

  • 入場者数1,000万人に

    相模女子大学グリーンホール

    入場者数1,000万人に 文化

    開館18年で達成

     1990年に開館した相模原市文化会館(現・相模女子大学グリーンホール)が、21日に開催された「午後のうるおいコンサート」において、総入場者数1000万人を達成...(続きを読む)

  • 個人で国の若者表彰受賞

    市内在住六田志穂さん

    個人で国の若者表彰受賞 社会

    市内初 子ども支援で評価

     若者の社会貢献活動をたたえる「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」の内閣府特命担当大臣表彰を、個人としては市で初めて市内在住の六田(むつだ)志穂さん(25)が...(続きを読む)

  • 独自の防災組織に熱視線

    光が丘地区

    独自の防災組織に熱視線 社会

    他市や児童が活動見学

     全国で大規模な災害が相次ぎ、防災に対する「自助・共助・公助」の備えが重要視される中、光が丘地区独自の組織である独立防災隊連絡協議会(堀口眞会長)の取組みが注目...(続きを読む)

  • 教育環境整備に重点

    市12月補正予算案

    教育環境整備に重点 政治

    市内全小・中、空調完備へ

     市はこのほど、市内の小学校26校に対する空調設備整備事業や台風24号災害復旧費を盛り込んだ2018年度12月補正予算案を発表した。総額は35億1800万円で、...(続きを読む)

  • インドシナ支援続け30年

    市NPO法人

    インドシナ支援続け30年 教育

    難民との出会いが契機に

     相模原を活動拠点とするNPO法人「インドシナ難民の明日を考える会」は約30年にわたり、市内のインドシナ難民への教育支援やカンボジア本国への生活支援を続けている...(続きを読む)

  • 自転車条例、9割認知せず

    自転車条例、9割認知せず 社会

    調査で露呈 周知に課題

     相模原市がこのほど市民に行った「自転車の安全利用について」のアンケート調査で、今年7月に施行された「相模原市安全に安心して自転車を利用しようよ条例」について「...(続きを読む)

  • 振り込め詐欺 地域で防げ

    振り込め詐欺 地域で防げ 社会

    自治会、寸劇や歌で啓発

     近年、県内の振り込め詐欺被害が増加しており、昨年度は被害件数、被害額ともに過去最悪を記録した。相模原市でも今年に入って被害が増加。9月末の時点で認知件数が前年...(続きを読む)

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク