さがみはら中央区版

トップニュースの記事一覧

  • 「夢かなセンター」誕生

    相模女子大

    「夢かなセンター」誕生 教育

    学生と地域の懸け橋に

     日本経済新聞社・産業地域研究所発行の雑誌が実施した「大学の地域貢献度ランキング」において、全国の女子大で1位を獲得している相模女子大学(南区文京)に3月、「夢...(続きを読む)

  • 「人」と「食」つなぐ新事業始動

    小山地区

    「人」と「食」つなぐ新事業始動 社会

    地域振興、共生社会主眼に

     総合相模更生病院や介護事業所、農家などが中心となりこのほど、小山地区の活性化を目的とした「人」と「食」をつなぐプロジェクトが新たに始動する。地域住民の交流の機...(続きを読む)

  • 日本人初の優勝

    南区在住古海行子さん

    日本人初の優勝 文化

    高松国際ピアノコン

     若手音楽家の世界への登竜門となる「第4回高松国際ピアノコンクール」が、3月下旬にサンポートホール高松(香川県)で開かれ、南区相南在住の昭和音楽大生・古海(ふる...(続きを読む)

  • 集客増へ新カード発行

    相模原中央商店街

    集客増へ新カード発行 文化

    地図付き 加盟店で特典

     相模原中央商店街(横山房男理事長)では加盟店の活性化を目的に、各店で特典を受けられる新たなサービスカードを発行する。同商店街ではこの事業を通じて、各加盟店が集...(続きを読む)

  • 「相模原事典」を作成

    郷土史家涌田夫妻

    「相模原事典」を作成 文化

    市に寄贈「郷土に愛着を」

     南区相武台在住の郷土史家・涌田佑さん(89)とその妻・久子さん(83)がこのほど、相模原市の歴史や自然など様々な情報を五...(続きを読む)

  • 計画案策定を延期

    淵野辺駅南口再編

    計画案策定を延期 政治

    パブコメ集計し再説明へ

     市立図書館、大野北公民館などの淵野辺駅南口周辺の公共施設を集約・複合化して鹿沼公園内に移設する計画案の策定について、相模原市は3月をめどとした策定時期を延期し...(続きを読む)

  • 「100年クスノキ」後世に

    相原高校

    「100年クスノキ」後世に 文化

    移植困難も2世育成で

     緑区橋本にリニア中央新幹線の新駅が設置されることに伴い、来年4月の移転を予定している神奈川県立相原高校(橋本/江原洋一校長)。その構内にあり、長年、地域のシン...(続きを読む)

  • 新たな動脈「東西道路」開通

    新たな動脈「東西道路」開通 社会

    「南北」に接続 利便性向上へ

     相模総合補給廠一部返還地(以下返還地)で昨年8月から整備が進められていた東西道路が、26日正午に供用開始された。相模原駅と橋本駅周辺を一体的に整備する市の広域...(続きを読む)

  • ダムアワードを初受賞

    相模・城山宮ヶ瀬ダム

    ダムアワードを初受賞 社会

    総合運用で渇水乗り切る

     ダムファン有志などが、その年に最も印象に残る働きをしたダムを表彰する「日本ダムアワード2017」で、相模ダム(相模湖)・城山ダム(津久井湖)・宮ヶ瀬...(続きを読む)

  • 東海大相模にエール

    選抜高校野球大会出場

    東海大相模にエール スポーツ

    門馬監督「地元に恩返しを」

     兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月23日(金)に開幕する第90回記念選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が16日に開かれ、7年ぶり10回目の出場となる東海大相模...(続きを読む)

  • 「桜」巡るスタンプラリー

    相模原市初開催企画

    「桜」巡るスタンプラリー 社会

    五輪前に世界へ魅力発信

     市は、3月27日(火)から市内の魅力を国内外に発信する企画「さがみはら桜デジタルスタンプラリー」を開催する。これは市内の桜の名所を巡りながらスマートフォンなど...(続きを読む)

  • スポーツ通じ「共生社会」を

    市内障害児・者支援団体

    スポーツ通じ「共生社会」を スポーツ

    4月からは新チーム発足

     スポーツを通じた「共生社会」の実現をめざし、障害者にサッカーができる環境を提供するNPO法人アクティブスポーツ(中央/小島光顕代表)は今年4月から、...(続きを読む)

  • 西門に「浪漫」を

    西門に「浪漫」を 社会

    新イベントで魅力PR

     西門周辺地域を活性化させようと、近隣の飲食店や商店事業者らで組織する「西門浪漫会議」が3月24日(土)に初のイベント「西門浪漫まつり」を開催する。西門の独自性...(続きを読む)

  • 復興支援 多様な形で

    相模女子大学生ボラ委

    復興支援 多様な形で 社会

    大船渡の魅力発信も

     東日本大震災の発生からまもなく7年が経つ。被災地の様子を伝えるニュースも減り、被災者の現状を知る機会も少なくなった。そんな中、震災直後から現在に至る...(続きを読む)

  • NFLチアに挑戦

    元Suns天満谷さん

    NFLチアに挑戦 スポーツ

    地元ライズからは初

     アメリカンフットボール(以下アメフト)・Xリーグのノジマ相模原ライズの専属チアリーダーズSuns(サンズ)に在籍しキャプテンなどを務めた天満谷(てん...(続きを読む)

  • 自治体ポイント導入へ

    相模原市

    自治体ポイント導入へ 社会

    マイナンバーカード活用

     相模原市は、地域活動などに参加することで付与される自治体ポイント制度を取入れ「さがみはらポイント」として、マイナンバーカード(個人番号カード)に貯めて市内の商...(続きを読む)

  • 貧困対策、学力支援に重点

    2018年度当初予算案

    貧困対策、学力支援に重点 経済

    3年連続過去最大規模に

     市は16日、2018年度の当初予算案を発表した。一般会計は前年度比1・5%増の2935億円で、3年連続過去最大の予算規模。無料学習塾やひとり親家庭への支援など...(続きを読む)

  • 「香福豚(こうふくとん)」普及展開進む

    「香福豚(こうふくとん)」普及展開進む 社会

    市内生産者ら学校に寄贈

     相模原産のブランド豚「さがみはら香福豚」の普及に向けた展開が進んでいる。生産・飼育を手掛ける区内上溝の養豚農家「(有)相模原畜産」(金井睦社長)と、宮下本町の...(続きを読む)

  • 高齢者に録音機貸与

    市内一般社団法人

    高齢者に録音機貸与 社会

    詐欺被害防止の一助に

     「オレオレ詐欺」などの特殊詐欺被害が増えていることを受け、県内各地で被害防止に向けた啓発活動を行っている法人が南区相南に事務所を構えている。岩田美奈子さんが代...(続きを読む)

  • 新シーズンへ、決意新たに

    SC相模原ノジマステラ

    新シーズンへ、決意新たに スポーツ

    市内2クラブ新体制発表

     市内を拠点に活動するホームタウンチームのSC相模原(男子サッカー)とノジマステラ神奈川相模原(女子サッカー)の両クラブはこのほど、今季の新体制発表会...(続きを読む)

  • 日本人初の快挙達成

    ゴルファー山口すず夏さん

    日本人初の快挙達成 スポーツ

    豪アマ選手権で優勝

     南区在住のアマチュアゴルファー・山口すず夏さん(共立女子第二高校2年)が、1月16日から21日まで西オーストラリア州パース郊外で開かれた「オーストラリア女子ア...(続きを読む)

  • 当事者の声生かした支援を

    当事者の声生かした支援を 社会

    弱者救うNPO発足

     市内外に暮らす高齢者や障害者、LGBT(一般的に性的少数者を表す総称)、生活困窮家庭など社会的にサポートが必要な人々の居場所づくりや支援を実際に当事者であるメ...(続きを読む)

  • 「相模原からボート熱を」

    南区在住荒川鐡太郎さん

    「相模原からボート熱を」 社会

    ʼ64東京五輪コーチが語る

     カナダ代表ボートチームが東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、相模湖で事前キャンプを行うことが決定した。相模原市も歓迎ムード一色となっている...(続きを読む)

  • ピアノコンでアジア金賞

    弥栄高2年田久保さん

    ピアノコンでアジア金賞 文化

    昨年「銀」の雪辱晴らす

     県立弥栄高校に通う田久保萌夏さん(2年)が1月15日、川崎市の昭和音楽大学ラ・サーラ・スカラで行われた「第19回ショパン国際ピアノコンクール アジア大会」に出...(続きを読む)

  • 救急出場件数が過去最多

    2017年市消防

    救急出場件数が過去最多 社会

    適正利用の協力呼びかけ

     市はこのほど、2017年中の救急概要を発表した。昨年1年間の救急出場件数は3万5873件、搬送人員は3万2004人で、前年比でそれぞれ816件、410人増加し...(続きを読む)

  • 相模湖で事前キャンプ

    東京五輪カナダボート

    相模湖で事前キャンプ スポーツ

    地域活性化に地元は歓迎

     東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で、カナダボートチームが相模湖を拠点に事前キャンプを行なうことを決定した。これを受けて20日、県立相模湖漕艇場...(続きを読む)

  • 市民・企業と交流へ新施設

    JAXA相模原

    市民・企業と交流へ新施設 社会

    「はやぶさ2」の実寸模型も

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパス(由野台)にこのほど、市民や企業との繋がりを促進する「宇宙科学探査交流棟」が新たに整備された。同施設内には模型...(続きを読む)

  • 相模原から平昌(ピョンチャン)へ

    スケート齋藤姉弟

    相模原から平昌(ピョンチャン)へ スポーツ

    市民に五輪での活躍誓う

     韓国・平昌で来月開幕する「第23回オリンピック冬季競技大会」に、スピードスケート・ショートトラックの日本代表選手として姉弟で出場する中央区在住の齋藤仁美(ひと...(続きを読む)

  • 県大会73校の頂点に

    弥栄高校書道部

    県大会73校の頂点に 文化

    個人賞の2年生は全国へ

     神奈川県高等学校総合文化祭「第54回書道展」の審査結果がこのほど発表され、弥栄高校書道部が、73校が参加する団体部門で優勝した。同部として団体部門の頂点は初で...(続きを読む)

  • いのち輝く社会  実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 政治

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、本紙では黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME...(続きを読む)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

芭蕉、一茶と漫画

芭蕉、一茶と漫画

誠文堂で「秋竜山展」

4月16日~4月28日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク