さがみはら中央区版

トップニュースの記事一覧

  • 市、職員派遣し災害支援

    西日本豪雨被害

    市、職員派遣し災害支援 社会

    保健師らが広島へ

     西日本を中心に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨(以下西日本豪雨)から今日で1カ月半ほどが経過した。死者・行方不明者あわせ230人、負傷者は388人に上...(続きを読む)

  • 市の正答率、平均を下回る

    全国学力テスト

    市の正答率、平均を下回る 教育

    一部教科では数値改善

     子どもの学力把握を目的とした「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の今年度の結果が発表された。相模原市は小学校、中学校ともにすべての調査において全国平均...(続きを読む)

  • 市民とも交流、友好深まる

    ブラジル選手団来相

    市民とも交流、友好深まる スポーツ

    「パンパシ」キャンプで成果

     東京で9日から開催される「パンパシフィック水泳選手権」への出場に向け、ブラジルの競泳選手団が8日まで相模原市で事前キャンプを実施した。市では初となる...(続きを読む)

  • 山を愛して半世紀

    緑区佐野川在住小池さん

    山を愛して半世紀 スポーツ

    「貴重な観光資源を後世に」

     8月11日は山の日。近年、登山客で特に賑わいをみせる陣馬山の麓に住む小池栄一郎さん(69)は、月に1〜2回は近場から海外まで、山登りに出向く根っからの登山家だ...(続きを読む)

  • 三世代交流で新イベント

    東第三自治会

    三世代交流で新イベント 社会

    集客図り、つながりを深化

     幅広い年齢の人々が集い、つながりを深める場にしてもらおうと、中央地区の東第三自治会が主催して8月4日(土)、西門買物公園を会場に「西門サマーフェスタ」を開催す...(続きを読む)

  • ロシアW杯に帯同

    トレーナー久保田さん

    ロシアW杯に帯同 スポーツ

    選手と共に戦った47日間

     2018FIFAワールドカップロシア(以下W杯)で熱戦を演じたサッカー日本代表に帯同し、選手の活躍を支えた「トレーナー」。その中の1人が、南区相模大野・東林間...(続きを読む)

  • 市内施設で事前キャンプ

    ブラジル競泳選手団

    市内施設で事前キャンプ スポーツ

    一般公開、市民交流も予定

     パンパシフィック水泳世界大会が8月に東京で開催されるのを前に、7月30日(月)からブラジルの競泳選手団がさがみはらグリーンプール(横山)で事前キャンプを行うこ...(続きを読む)

  • 統合「賛否」、併記し市教委へ

    青根小中検討協議

    統合「賛否」、併記し市教委へ 教育

    意見割れ 内容協議は次回

     緑区青根にある市立青根小学校と青根中学校の学習環境を考える問題で、地域住民、学校関係者、保護者ら17人で構成される「青根小・中学校の学習環境のあり方検討協議会...(続きを読む)

  • 犬の散歩で犯罪抑止

    宮下自治会

    犬の散歩で犯罪抑止 社会

    地域交流の一助にも

     宮下自治会では今年4月から、犬の散歩を防犯につなげる「わんわんパトロール活動」を行っている。市内ではパトロール隊として同様の活動を行う例があるが、自治会単位で...(続きを読む)

  • 水難事故から「命」守れ

    水難事故から「命」守れ 社会

    夏本番 消防も最警戒

     市内では7月21日から公立小中学校が夏休みを迎える中、相模原市消防局は夏場に増加する「水の事故」へ警戒を強めている。夏本番の最中、10日には相模川で高校生の水...(続きを読む)

  • 全宅連会長に就任

    地元不動産会社社長坂本久氏

    全宅連会長に就任 政治

    神奈川選出では初

     (公社)全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)の2018年度通常総会が6月28日に東京都内のホテルで開かれ、総会後に行われた任期満了に伴う会長選で、中央の山久...(続きを読む)

  • 「小中一貫教育」 20年度開始

    相模原市

    「小中一貫教育」 20年度開始 社会

    「めざす子ども像」共有へ

     相模原市はこのほど、2020年度から開始を予定している小中一貫教育の基本方針案を発表した。国の法改正などを受けたもので、市がこれまで取り組んできた「小・中連携...(続きを読む)

  • 「住みよい町」 進めた半世紀

    相模原市自治会連合会

    「住みよい町」 進めた半世紀 社会

    市民けん引の活動、次代へ

     相模原市自治会連合会(市連)はこのほど、創立50周年を迎える。全国的に少子高齢化による自治会加入世帯の減少が叫ばれる中、同会の坂本堯則会長はこの節目にあたり「...(続きを読む)

  • 小惑星到着 歴史的な一歩

    はやぶさ2

    小惑星到着 歴史的な一歩 社会

    偉業達成に市内も歓喜

     地球・海・生命の起源に迫るため、小惑星リュウグウへ向けて航行を続けていた小惑星探査機「はやぶさ2」が6月27日、目的地上空についに到着した。同機は来年までに3...(続きを読む)

  • 課題残るも「技術的に可能」

    JR横浜線連続立体交差

    課題残るも「技術的に可能」 社会

    市が調査結果公表

     市はこのほど、JR横浜線の一部区間を地下化、高架化する連続立体交差事業の調査結果を公表した。調査結果の中では工事を行う上で課題はあるとしながらもともに技術的に...(続きを読む)

  • 公立初 インハイ県予選V

    弥栄高男子剣道部

    公立初 インハイ県予選V スポーツ

    8月の全国大会へ

     弥栄高校の男子剣道部(団体)が16日に開催された「第65回全国高等学校総合体育大会神奈川県予選会(男子団体)」(以下、インハイ予選)に出場し、初の優勝を果たし...(続きを読む)

  • 日の丸胸にアジアへ

    スケートボード伊佐風椰さん

    日の丸胸にアジアへ スポーツ

    全日本で優勝 代表に選出

     相模女子大学高等部2年の伊佐風椰(いさ かや)さん(17・緑区在住)が、5月に東京都で開催された「日本スケートボード選手権大会ストリート」に出場し、見事優勝を...(続きを読む)

  • 授業数増で夏休み短縮へ

    市立小中学校

    授業数増で夏休み短縮へ 教育

    要領改訂受け来年度から

     市立小中学校で2019年度から、夏休みが1週間短縮されることとなった。学習指導要領の改訂による授業時間の増加に伴う措置で、中村昌治市議(自民党相模原)の6月定...(続きを読む)

  • 内閣総理大臣表彰を受賞

    相模原こもれび

    内閣総理大臣表彰を受賞 文化

    市内初 緑化活動で評価

     緑化活動の推進などについて顕著な功績のあった個人または団体を表彰する「平成30年緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」がこのほど発表され、南区東大沼の「特定非営...(続きを読む)

  • 発達障害、カードで支援

    発達障害、カードで支援 社会

    市民理解促すツールに

     相模原市は、発達障害がある人とその家族の生活を支援するツールとして「サポートカード」を作成し、4月から配布している。カードによって、一見、障害があるようには見...(続きを読む)

  • 県内初の選手権大会

    新スポーツ「ネットボール」

    県内初の選手権大会 スポーツ

    17日 相模女子大で開催

     新スポーツ「ネットボール」の愛好者が集う「春季全日本ネットボール選手権大会」が、6月17日(日)に相模女子大学高等部(南区文京)の体育館で行われる。主催は一般...(続きを読む)

  • 大幅に意見追加し修正

    淵野辺駅南口再編計画案

    大幅に意見追加し修正 政治

    専門家交えた検討も視野

     淵野辺駅南口の市立図書館や大野北公民館など老朽化した公共施設を複合化し、鹿沼公園内に移設する計画案の策定にあたり、市は5月30日、計画案に寄せられた...(続きを読む)

  • 調査以来、過去最多に

    虐待が疑われる児童数

    調査以来、過去最多に 教育

    窓口を一元化し実態把握

     相模原市は16日、昨年度における児童虐待などの相談状況を発表し、児童相談所が市に設置された2010年以来、虐待が疑われる児童の数は過去最多となった。全国的に児...(続きを読む)

  • 学力底上げに放課後活用

    上溝中

    学力底上げに放課後活用 教育

    自習の場設定しサポート

     上溝中学校ではこのほど、定期的に放課後の部活動を全面的に休みにし、生徒たちが自主的に学習できる場を設ける取り組み「KGT45(上溝学習タイム45分)」を開始し...(続きを読む)

  • 起点の窓口設け広範対応

    ひきこもり相談

    起点の窓口設け広範対応 社会

    切れ目のない支援強化へ

     市民からのひきこもり相談について市はこのほど、一次相談窓口としての機能を強化した「市ひきこもり支援ステーション」を市精神保健福祉センター内に設置した。ひきこも...(続きを読む)

  • 節目の50年、加盟全50園に

    市幼稚園・認定こども園協会

    節目の50年、加盟全50園に 社会

    幼児教育向上へ「大同団結」

     市内の幼稚園・認定こども園で構成される「(一社)相模原市幼稚園・認定こども園協会」(川崎永会長)にこのほど、8園が加わり創立以来初めて市内に立地する全50園が...(続きを読む)

  • 芸術道具の供養塚を建立

    県内の芸道者

    芸術道具の供養塚を建立 文化

    寸沢嵐の寺院境内に

     書道や茶道、華道、舞踊などの芸道の修練に使用して、傷んだり壊れたりした道具を供養するための「供養塚」が、寸沢嵐にある日蓮宗寺院・伯凰院(佐藤玄宗住職)に建立さ...(続きを読む)

  • 防災・安全施策に注力

    中央区長インタビュー

    防災・安全施策に注力 政治

    人口減少に備え、対応急務

     本紙では、4月で就任3年目を迎えた小山秋彦中央区長にインタビューを行った。小山区長はより身近な区制を実感してもらうための区の機能強化を継続していくほか、とりわ...(続きを読む)

  • 小惑星到着へ 市挙げ応援

    探査機はやぶさ2

    小惑星到着へ 市挙げ応援 社会

    予定は6月下旬 催事続々

     小惑星探査機「はやぶさ」の後継機として2014年に打ち上げられ、現在航行を続ける「はやぶさ2」が6月下旬から7月上旬にかけ、目的地の小惑星リュウグウに到着する...(続きを読む)

  • 担い手不足解消を

    (仮称)介護人材センター

    担い手不足解消を 社会

    市、19年度中の設置めざす

     相模原市は2018年度から20年度までの3年間を計画期間としてこのほど策定した「第7期相模原市高齢者保健福祉計画」の中に「(仮称)介護人材センター」の設置検討...(続きを読む)

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク