さがみはら中央区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 卓球の「日本チーム」入り

    市内在住持田さん

    卓球の「日本チーム」入り スポーツ

    12歳以下 代表の登竜門に

     区内の卓球クラブに通う持田陽向さん(11・緑区千木良在住)が今月、12歳以下(男子ホープス)の卓球ナショナルチーム入りを果たした。1日に福島県で行わ...(続きを読む)

    10月29日号

  • 遊び場づくりで市場調査

    子育て支援策

    遊び場づくりで市場調査 社会

    市民の声受け初の検討

     子育て支援策として、商業施設の一角に子どもの遊び場づくりを検討するにあたり、市は民間事業者から広く意見を求める調査方法「サウンディング型市場調査」を...(続きを読む)

    10月29日号

  • 官民で防災意識が向上

    台風19号から1年

    官民で防災意識が向上 社会

    寄付、復旧活動に積極性

     関東地方を中心に猛威をふるった台風19号が通過して1年あまり。相模原市でも、8人の尊い命が奪われ、緑区をはじめ甚大な被害をもたらした。発生直後から、...(続きを読む)

    10月22日号

  • 相模原をドローンの町に

    相模原をドローンの町に 社会

    横山に新拠点誕生

     無人航空機「ドローン」の活用がさまざまな分野で進む中、市内でも普及に向けた動きが活発化している。このほど、民間事業者が運営するドローン事業の新たな拠...(続きを読む)

    10月22日号

  • 小野選手が3000mでV

    相模原中等校3年

    小野選手が3000mでV スポーツ

    中学陸上県大会の頂点に

     県中学校総合体育大会・陸上競技大会が3日、等々力陸上競技場で行われ、相模原中等教育学校(南区相模大野)3年の小野竜之介選手が3000mで優勝した。今...(続きを読む)

    10月15日号

  • 里親委託率、上昇傾向に

    里親委託率、上昇傾向に 社会

    10年以内に50%めざす

     10月は里親制度の普及や啓発を推進する「里親月間」として、全国でさまざまな事業が実施されている。市児童相談所では、今まで10%台で推移していた里親委...(続きを読む)

    10月15日号

  • 区内で移動販売スタート

    区内で移動販売スタート 社会

    住民主体で積極的に招致

     高齢社会を迎える中、買い物困難者を支援しようと、光が丘地区自治会連合会(割柏秀規会長)を中心に実施を要望していた移動販売車の運行が10月1日に始まっ...(続きを読む)

    10月8日号

  • J2ライセンスを取得

    SC相模原

    J2ライセンスを取得 スポーツ

    今季2位以上で昇格

     Jリーグの2021シーズンのJ1とJ2の残留・昇格に必要となるクラブライセンスの交付判定の結果が9月28日に公表され、J3に所属する地元サッカークラ...(続きを読む)

    10月8日号

  • 「はや2」帰還成功を祈願

    「はや2」帰還成功を祈願 社会

    新田稲荷で祭事 結束新た

     小惑星リュウグウで探査機・はやぶさ2がサンプル採取したカプセルの地球帰還が12月6日に迫る中、はやぶさの故郷・相模原から無事を願おうと、「呼ばわり山...(続きを読む)

    10月1日号

  • 市内初、石井さん受賞

    消防庁長官表彰

    市内初、石井さん受賞 社会

    救急活動の向上に貢献

     救急業務の推進に長年貢献し、社会公共の福祉の増進に顕著な功績があった個人および団体を表彰する消防庁長官表彰(救急功労者表彰)を、個人で市内で初めて市...(続きを読む)

    10月1日号

  • 市内飲食、宿泊業がタッグ

    市内飲食、宿泊業がタッグ 社会

    新団体設立へ 発言力強化

     相模原市内の飲食、宿泊業の各団体が新しい会の設立をめざしている。計30近い関連団体の声を1つにして双方業界の地位向上、行政への「発言力」を高めるねら...(続きを読む)

    9月24日号

  • スパゲティを新名物に

    スパゲティを新名物に 社会

    相模原青年会議所が開発

     公益社団法人相模原青年会議所(以下JC・市川雄士理事長)が昨年から新ご当地グルメとして開発を進めてきたオリジナル麺のスパゲティ「さがスパ」が、10月...(続きを読む)

    9月24日号

  • 宇宙通じ夢創出へ新組織

    地元有志

    宇宙通じ夢創出へ新組織 社会

    JAXAとの交流を深化

     「はやぶさ2」の帰還で宇宙に関心が集まる中、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所と相模原市、市民がより身近な存在となり、共に宇宙を通じ夢を...(続きを読む)

    9月17日号

  • 米国の映画賞受賞

    淵野辺出身杉岡太樹監督

    米国の映画賞受賞 文化

    ドキュメンタリー作品で

     淵野辺出身の杉岡太樹(たいき)さん(40)が監督を務め、トランスジェンダー(身体と心の性が一致しないセクシャルマイノリティーの一つ)女性を追ったドキ...(続きを読む)

    9月17日号

  • 中3生へ「最高の思い出に」

    サッカードリームマッチ

    中3生へ「最高の思い出に」 スポーツ

    元日本代表との対戦実現

     新型コロナウイルスの影響により最終学年での部活動が満足に行えていない中学3年生に思い出をつくってもらおうと、地元サッカーチーム・SC相模原(SC)が...(続きを読む)

    9月10日号

  • 展示大凧 初の修復

    相模の大凧センター

    展示大凧 初の修復 文化

    密を避け和紙を張替え

     南区新戸にある「相模の大凧センター」に展示されている大凧が、センター開設以来、初めて修復されることとなった。相模の大凧文化保存会(川崎勝重会長)が、...(続きを読む)

    9月10日号

  • 「最年少」ビリヤードプロに

    相模原在住奥田さん

    「最年少」ビリヤードプロに スポーツ

    8月に合格 世界一めざす

     相模原在住の奥田玲生(たまみ)さん(18)が8月、ビリヤードのプロテストに合格し、最年少プロとして歩み出した。昨年の鹿児島国体で優勝を果たした実力派...(続きを読む)

    9月3日号

  • 「純相模原産」の日本酒を

    緑区農家有志

    「純相模原産」の日本酒を 文化

    酒米栽培に奮闘中

     相模原市内で収穫した酒米を地元の酒蔵で醸造し、「純相模原産」の日本酒を造る試みが進められている。緑区根小屋在住の石井好一さん(71)を中心とする有志...(続きを読む)

    9月3日号

  • 特別な夏 有終のV

    東海大相模

    特別な夏 有終のV スポーツ

    県独自大会が終了

     今夏の全国高校野球選手権大会の中止を受け、県高野連が独自に開催した「県高校野球大会」の決勝が8月23日に横浜スタジアムで行われ、南区相南の東海大相模...(続きを読む)

    8月27日号

  • 市小中生99%が通信可能

    インターネット環境調査

    市小中生99%が通信可能 教育

    未整備の家庭支援が課題 

     家庭でのインターネット通信環境の状況などについて、市教育委員会はこのほど、市立小中学校、義務教育学校の全児童生徒を対象にした調査を初めて実施した。児...(続きを読む)

    8月27日号

  • 南極観測隊で活躍中

    清新在住山本さん

    南極観測隊で活躍中 社会

    景色を癒しに任務を全う

    「地球でない星に来たよう」  清新在住の山本貴士さん(48)が、第61次南極地域観測隊として活躍している。山本さ...(続きを読む)

    8月20日号

  • 熊本の被災校に物資支援

    田名中学

    熊本の被災校に物資支援 社会

    生徒主導 交流など連携も

     7月豪雨により被害を受けた熊本県の中学校を支援するため、田名中学校(古川直樹校長)の生徒が活動を行っている。全校生徒・保護者への募金活動では多くの支...(続きを読む)

    8月20日号

  • 「4つの柱」に33億円

    8月補正一般会計

    「4つの柱」に33億円 政治

    医療や暮らしの支援継続

     相模原市議会は6日、臨時会議を開催し、8月補正予算案を可決した。新型コロナウイルス感染症対策として、医療・検査体制の確保や市民・事業者への支援などを...(続きを読む)

    8月13日号

  • 東海大相模 「幻の甲子園」へ

    東海大相模 「幻の甲子園」へ スポーツ

    17日、大阪桐蔭と対戦

     新型コロナウイルスの影響で中止になった春の選抜大会に出場予定だった高校を甲子園に招き、1試合ずつ戦う「2020年甲子園高校野球交流試合」。県内から唯...(続きを読む)

    8月13日号

  • SDGsで再生へ

    緑区大島の商店会

    SDGsで再生へ 経済

    理念共有で地域を活性

     入居者減に苦しんでいた緑区大島地区の商店会「リリマート」(飯塚侑代表)がこのほど、国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)の理念を取り入れて生ま...(続きを読む)

    8月6日号

  • 市、マスク適正着用を促進

    コロナ禍の熱中症対策

    市、マスク適正着用を促進 社会

    ホームページ、動画で啓発

     関東も1日に梅雨明けし夏本番を迎え、市は新型コロナ対策の基本となる「新しい生活様式」の中での熱中症予防にこのほど乗り出し、ホームページや動画配信で周...(続きを読む)

    8月6日号

  • 「SDGs未来都市」に

    相模原市

    「SDGs未来都市」に 社会

    普及促進へ新制度も検討

     相模原市は17日、SDGs(持続可能な開発目標)の理念に沿って取り組む都市を内閣府が評価する「SDGs未来都市」に選定された。市は今後、企業や市民が...(続きを読む)

    7月30日号

  • 「最後の大会」代替開催へ

    市中体連

    「最後の大会」代替開催へ スポーツ

    8月末から 3年の節目に

     相模原市中学校体育連盟が現在、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった市中学校総合体育大会の代替大会開催に向け準備を進めている。現状案では8月末...(続きを読む)

    7月30日号

  • 迫るコロナ対応 手順徹底

    市職員避難場所研修

    迫るコロナ対応 手順徹底 社会

    マニュアル共有へ 

     「新型コロナウイルス感染症対策を考慮した風水害時避難場所開設・運営担当職員研修」がこのほど、県の協力で初開催された。コロナ禍で発熱や消毒対応、避難者...(続きを読む)

    7月23日号

  • 代替大会、組み合わせ決定

    高校野球選手権

    代替大会、組み合わせ決定 スポーツ

    1日開幕、175校が出場

     新型コロナウイルスの影響により中止となった「夏の甲子園」第102回全国高等学校野球選手権大会と同神奈川大会の代替大会の組み合わせ抽選会が行われ、結果が17...(続きを読む)

    7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.45

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク